Research press release

前立腺がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with prostate cancer

前立腺がんに関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この新知見と過去に報告された前立腺がんの感受性座位を合わせれば、前立腺がんの家族性リスクの最大25%を説明できると考えられる。

前立腺がんは、先進国の50歳以上の男性が最も高い頻度で診断されるがんである。

R Eelesの研究グループは、前立腺がんの多段階ゲノムワイド関連解析を行い、今回は、4,574のがん症例と4,164の対照例を用いた第3段階の解析結果、そして、30の国際的研究で得られた51,311症例による追試の結果を報告している。この解析により、前立腺がんの感受性に関連する7つのゲノム領域が新たに同定され、今日までに同定された前立腺がんの感受性座位の数は40を超えた。

Genetic variants associated with prostate cancer are reported this week in Nature Genetics. These findings, together with previously reported susceptibility loci, may explain an up to 25% of the familial risk for prostate cancer.

Prostate cancer is the most common cancer diagnosed in men over 50 years of age in developed countries.

Rosalind Eeles and colleagues report a multi-stage genome-wide association study for prostate cancer in 4,574 cancer cases and 4,164 controls, with replication in an additional 51,311 individuals from 30 international studies. They identify seven genomic regions newly associated with prostate cancer susceptibility. This brings the number of identified prostate cancer susceptibility loci to over 40.

doi: 10.1038/ng.882

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度