Research press release

マンモグラフィ濃度に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with mammographic density

乳腺組織の密度を表すマンモグラフィ濃度が高濃度の女性は、乳がんのリスクが高いことがすでに明らかになっているが、このマンモグラフィ濃度に関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

今回、R Tamimiらは、4,877人の女性を総サンプルサイズとしたマンモグラフィ濃度に関するゲノムワイド関連解析データのメタ解析を行い、さらに、2,835人の女性からなるコホートを対象とした追解析で当初の解析結果を再現した。その結果、年齢とボディマス指数で補正したマンモグラフィ濃度に関連するZNF365遺伝子の多型が同定された。なお、ZNF365遺伝子の多型が乳がん感受性に関連していることは、過去の研究で明らかになっている。

Genetic variants associated with the density of the breast tissues are reported this week in Nature Genetics. Women with a high mammographic density, a measurement of the density of breast tissue, have shown increased risk for breast cancer.

Rulla Tamimi and colleagues report a meta-analysis of five genome-wide association studies for percent mammographic density, with a total sample size of 4,877 women, and replication in two additional cohorts including 2,835 women. They identify genetic variants in the gene ZNF365 associated with percent mammographic density adjusted for age and body mass index. Variants in this gene have also been associated with susceptibility to breast cancer.

doi: 10.1038/ng.760

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度