Research press release

冠動脈疾患に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with heart disease

冠動脈疾患(CAD)の高いリスクに関連する遺伝的多型に関して、3つの独立した研究が行われ、それぞれの結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。 冠動脈疾患は、世界の死亡原因のトップで、全死因の約12%を占めている。この疾患は、酸素を豊富に含んだ血液を心臓に送る血管が狭窄することによって発生する。 今回、H Schunkertらは、10万人以上のヨーロッパ系の人々を対象とした関連解析を行い、冠動脈疾患のリスクに関連する13の遺伝的座位を新たに同定した。また、Coronary Artery Disease Genetics Consortium(冠動脈疾患遺伝学コンソーシアム)は、ヨーロッパ系と南アジア系の人々(7万1075人)を対象とした関連解析を行い、冠動脈疾患に関連する5つの遺伝的座位を新たに同定した。さらに、Q K Wangらは、7593人の漢民族系中国人について関連解析を行い、冠動脈疾患に関連する座位として、染色体6q24.1の座位を同定した。

Three independent studies in this week’s issue of Nature Genetics report genetic variants associated with increased risk of coronary artery disease (CAD).

Coronary artery disease is the leading cause of death worldwide, causing approximately 12% of all death. CAD is a condition caused by the narrowing of blood vessels that supply the heart with oxygenated blood.

Heribert Schunkert and colleagues performed an analysis of over 100,000 Europeans and identified 13 new genetic risk loci for CAD. In a second study, the Coronary Artery Disease Genetics Consortium report an analysis of 71,075 Europeans and South Asians and identified five loci newly associated with CAD. And finally, Qing K. Wang and colleagues analyzed 7,593 individuals of Han Chinese ancestry and identified one locus on chromosome 6q24.1 that was associated with CAD.Author contacts:Heribert Schunkert (Universitat zu Lubeck, Germany) Author paper [3]Tel: +49 451 500 2501; E-mail: heribert.schunkert@uk-sh.deHugh Watkins (University of Oxford, UK) Author paper [4]Tel: +44 1865 234657; E-mail: hugh.watkins@cardiov.ox.ac.ukQing Kenneth Wang (Huazhong University of Science and Technology, Wuhan, China) Author paper [5]Tel: +86 2787794549; E-mail: qkwang@mail.hust.edu.cn

doi: 10.1038/ng.784

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度