Research press release

慢性炎症性疾患の遺伝的危険因子

Nature Genetics

Genetic risk factor for chronic inflammatory disorder

慢性炎症性疾患であるサルコイドーシスの発症リスクを増大させる遺伝子多型が同定された。この研究成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

サルコイドーシスにかかると、ほぼすべての臓器に炎症が起こる可能性があるが、特に、小さな炎症性結節が肺やリンパ節にできることが非常に多く、息切れ、倦怠感、体重減少などの症状を引き起こす。このほどクリスチャン・アルブレヒト大学(ドイツ・キール)のS Schreiberらの研究チームは、サルコイドーシスを発症しやすくする遺伝子多型を同定するために、初めての全ゲノム関連解析を実施した。

この論文では、ANXA11遺伝子近傍の多型がサルコイドーシス患者に多く認められることが報告されている。ANXA11遺伝子には「アネキシン11」タンパク質がコードされており、この遺伝子は、関節リウマチ、ループスやその他の炎症性疾患に関与すると考えられている遺伝子ファミリーに属している。Schreiberらは、通常は細胞死を促進するアネキシン11が欠乏することで、活性化した炎症細胞が体内で存続するという望ましくない状態が生じるのではないかと推測している。

A genetic variant that increases risk of the chronic inflammatory disorder sarcoidosis has been identified, according to a study published online this week in Nature Genetics.

Sarcoidosis can affect almost any organ, although the small inflammatory nodules that accompany the disease are most often found in the lungs or lymph nodes, leading to shortness of breath, fatigue, and weight loss, among other symptoms. Stefan Schreiber and colleagues carried out the first genome-wide scan for variants that predispose to sarcoidosis.

They report that a variant adjacent to the gene ANXA11 is overrepresented in individuals with the disease. ANXA11 encodes the protein annexin 11, which is a member of a gene family that has been implicated in other inflammatory disorders, including rheumatoid arthritis and lupus. The authors speculate that depletion of annexin 11, a protein that ordinarily promotes cell death, might allow for the unwanted persistence of activated inflammatory cells in the body.

doi: 10.1038/ng.198

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度