Research press release

多嚢胞性卵巣症候群に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with polycystic ovary syndrome

多嚢胞性卵巣症候群のリスクに関連する3つの遺伝的座位が同定された。その詳細を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)にかかると、卵巣内に数多くの小嚢胞が発生し、生殖力に影響を及ぼす。PCOSは、妊娠可能な年齢の女性の約6~10%が罹患しており、ホルモンのアンバランスを引き起こす。PCOSを治療せずに放置すると、糖尿病や心臓病を発症する可能性がある。

今回、Z-J Chenらは、中国漢民族系のPCOS患者4,082人のゲノムを解析し、PCOSのリスクに関連する3つの遺伝的座位を染色体2p16.3、2p21、9q33.3上に同定した。

Three genetic loci that are associated with risk of polycystic ovary syndrome are identified in this week’s issue of Nature Genetics.

Polycystic ovary syndrome (PCOS) causes many small cysts in the ovaries and affects fertility. PCOS affects approximately six to ten percent of women of reproductive age and leads to hormonal imbalance. If untreated, PCOS may lead to diabetes and heart disease.

Zi-Jiang Chen and colleagues analyzed the genomes of 4082 PCOS patients of Han Chinese ancestry. They identify three genetic loci that are associated with risk of PCOS on chromosomes 2p16.3, 2p21, and 9q33.3.

doi: 10.1038/ng.732

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度