Research press release

初経年齢に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with age at menarche

初経年齢に関連する遺伝的多型が新たに同定され、今週のNature Genetics(電子版)に掲載される。初経年齢は個人差が非常に大きく、乳がんや子宮体がん等の疾患リスクに関連するとされてきた。

今回K Ongらは、合計87,802人の女性を対象とした初経年齢の全ゲノム関連解析(32件)のメタ解析を行った。さらに別の14,731人の女性で追試し、再現性も確認している。その結果、初経年齢に関連する30のゲノム領域が新たに同定され、その中には、これまでにボディマス指数(BMI)との関連が認められている4領域、エネルギー恒常性に関与する3領域、ホルモン調節に関係するとされる3領域が含まれている。

Genetic variants associated with age at the onset of first menstruation are reported this week in Nature Genetics. The age of onset, or menarche, varies widely between women and has been associated with risk for diseases including breast and endometrial cancer.

Ken Ong and colleagues report a meta-analysis of 32 genome-wide association studies for age at menarche in 87,802 women, with replication of the results in an additional 14,731 women. They identify 30 genomic regions newly associated with age at menarche. This includes four regions previously associated with body mass index, three involved in energy homeostasis, and three implicated in hormonal regulation.

doi: 10.1038/ng.714

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度