Research press release

新たな2型糖尿病感受性遺伝子の同定

Nature Genetics

New susceptibility gene for type 2 diabetes

東アジアとヨーロッパ系の集団を調べた結果、2型糖尿病の発症リスクを高める複数の遺伝子多型が同定された。これらのリスク多型の1つについて、コピー数が1つ増えると、2型糖尿病を発症する確率が30~40%高くなる。こうした影響は、これまでに同定された2型糖尿病感受性遺伝子のほとんどを上回っており、唯一これよりも影響が大きいのは、TCF7L2遺伝子である。

今回Nature Genetics(電子版)に掲載される2つの研究グループの論文では、日本人の2型糖尿病患者を対象とした全ゲノム関連解析が報告されている。春日雅人らの研究グループは、KCNQ1遺伝子の多型が、2型糖尿病の高い発症リスクと関連していることを見いだし、その後、この関連を韓国と中国、スウェーデンの集団で再現した。一方、前田士郎も、日本人を対象とした研究で、KCNQ1遺伝子の別の複数の多型をリスク多型として同定し、シンガポールとデンマークの2型糖尿病患者集団において、この多型と2型糖尿病の関連を再現した。KCNQ1遺伝子には、カリウムチャネルのサブユニットがコードされている。同遺伝子の変異は、命にかかわる心臓不整脈と関連していることが非常に著名だが、同遺伝子は、膵臓でインスリン分泌を調節するという研究報告もある。

これらのリスク多型は、東アジアとヨーロッパ系の集団において、類似した影響を及ぼすが、その頻度は、ヨーロッパ系集団で相当に低い。このために、過去のヨーロッパ系集団での2型糖尿病の大規模研究において、これらのリスク多型が同定されなかったのかもしれない。疾患感受性多型の頻度が祖先の違いによって異なっている可能性を示す証拠は増えているが、上記2研究の結果も、ここに加わるものであり、非ヨーロッパ系の人々に対して全ゲノム関連解析を実施することの重要性を強調している。

Scientists have identified variants that increase risk of type 2 diabetes in populations of both East Asian and European origin. Each copy of one of these risk variants increases an individual’s odds of getting the disease by 30?40%, an effect that exceeds all of the other susceptibility genes identified to date, with the exception of TCF7L2.

Online in Nature Genetics this week two groups report genome-wide association studies of Japanese individuals with type 2 diabetes. Masato Kasuga and colleagues found variants in KCNQ1 to be associated with increased risk of the disease, which they subsequently replicated in populations from Korea, China and Sweden. Shiro Maeda also identified risk variants in KCNQ1 in Japanese, and replicated the associations in affected individuals from Singapore and Denmark. KCNQ1 encodes a potassium channel subunit, and although KCNQ1 mutations have most prominently been associated with life-threatening cardiac arrhythmias, the gene has also been reported to regulate insulin secretion in the pancreas.

The risk variants have a similar effect in both East Asian and European populations, but they are much less frequent in Europeans, which may explain why they were not previously identified in the European-based large-scale studies of type 2 diabetes. As such, these results add to the growing body of evidence that the frequency of disease susceptibility variants may differ depending on ancestry, and underscore the importance of carrying out genome-wide association studies of individuals of non-European descent.

doi: 10.1038/ng.207

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度