Research press release

心臓発作の感受性

Nature Genetics

Susceptibility to heart attack

心臓発作の素因となる遺伝子多型を報告する5つの研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。これらの遺伝子多型が心臓発作のリスクに与える影響は小さいが、今後研究が進めば、冠動脈疾患の基盤となる機構、特に炎症と脂質が関与する機構に関する生物学的知見が得られるようになると考えられる。

このうち4つの研究では、心臓発作に関する全ゲノム関連解析が行われた。リューベック大学(ドイツ)のJ Erdmannらは、心血管系で高度に発現し、細胞間接着に関与している可能性のある3番染色体上の遺伝子に新たな感受性座位を同定した。

INSERM(フランス、パリ)のD-A Tregouetらは、6番染色体上の3つの遺伝子にまたがる遺伝子クラスターにおける多型と心臓発作の関連性を報告している。この3つの遺伝子の1つには、リポプロテイン(a)の主要タンパク質成分であるアポリポプロテイン(a)がコードされており、リポプロテイン(a)は、冠動脈疾患の既知の危険因子である。また、理化学研究所の田中敏博らは、BRAP遺伝子の1つの多型が心筋梗塞のリスクと関連していることを明らかにしている。この研究では、BRAPタンパク質が、既に田中らが危険因子と同定していた別の2種類のタンパク質と結合することが判明し、BRAPタンパク質が炎症に関与している可能性が生じている。

さらにMyocardial Infarction Genetics Consortium(心筋梗塞遺伝学コンソーシアム)の研究では、3つのリスク座位が新たに同定され、これまでに同定された6つのリスク座位も確認された。そしてdeCODE Genetics社(アイスランド、レイキャビク)のD Gudbjartssonらの研究では、好酸球数に関する全ゲノム関連解析が行われた。好酸球は白血球の一種で、炎症過程に関与している。その結果、5つの遺伝子座位が同定され、そのうちの1つは、6つの異なる集団で、心臓発作との関連性が認められた。

Genetic variants that predispose to heart attack are reported in five studies published online this week in Nature Genetics. While the effects of these variants on risk of disease are small, further study should provide new biological insight into the mechanisms underlying coronary artery disease, particularly those involving inflammation and lipids.

Four of the studies present genome-wide association studies for heart attack. Jeanette Erdmann and colleagues identify a new susceptibility locus on chromosome 3, in a gene that is highly expressed in the cardiovascular system and may be involved in cell-cell adhesion.

David-Alexandre Tregouet and colleagues report an association with a cluster of variants spanning three genes on chromosome 6. One of these genes encodes apolipoprotein(a), the main protein component of lipoprotein(a), which is a known risk factor for coronary artery disease. The third report from Toshihiro Tanaka and colleagues shows that a variant in a gene called BRAP is associated with risk of myocardial infarction. BRAP binds to two other proteins that this group previously identified as risk factors, and which may be involved in inflammation.

The Myocardial Infarction Genetics Consortium reports three new risk loci and confirms six previously identified loci. Finally, in the fifth study by Daniel Gudbjartsson and colleagues, the authors carried out a genome-wide association for eosinophil numbers. Eosinophils are white blood cells involved in inflammatory processes. Five loci were identified, one of which was also associated with heart attack in six different populations.

doi: 10.1038/ng.307

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度