Research press release

3万2千の遺伝子を持つニンジンゲノム

Nature Genetics

A 32,000-karat genome

ニンジンの全ゲノム配列が解読され、現在知られている野菜のゲノムアセンブリの中で最も完成度の高いものが得られた。これにより、ニンジンの進化的起源、その独特なオレンジ色や栄養価の謎を解く手掛かりとなる新知見がもたらされた。

ニンジンは、レタスやセロリと同じキク類の植物であり、世界中で重要な食糧として利用されている。だが、これらのゲノム配列はまだ解読されていなかった。

今回、P Simonたちは、1本のニンジンのDNAを用いて、質の高い参照ゲノムを構築した。その結果、32,113の遺伝子が同定され、ニンジンに特有な遺伝子は10,530に上った。次に、35種類の異なるニンジン試料と亜種(野生種と栽培種の両方)のゲノム塩基配列の解読が行われ、栽培化パターンの解明が行われた。また、Simonたちは、ニンジンと他の植物のゲノム配列を比較して、ニンジンがブドウ、キウイフルーツ、トマトから分岐した時期を決定し、ビタミンA前駆体のβ-カロテンがニンジンの根に異常に多く蓄積される原因となる遺伝子の同定も行った。

育種家がこの情報を使えば、ニンジンだけでなく他のさまざまな作物の栄養価を向上させる上で役立つ可能性があるとSimonたちは考えている。

The full genome sequence of the carrot is reported in a paper published online this week in Nature Genetics, representing one of the most complete vegetable genome assemblies known to date. The genome sequence sheds light on the evolutionary origin of the carrot, its distinctive orange colour and its nutritious value.

Carrots belong to the same class of plants as lettuce and celery. The genomes of such crops, which are an important component of diets worldwide, have not yet been published.

Philipp Simon and colleagues assembled a high-quality reference genome using the DNA from one carrot, identifying 32,113 genes, with 10,530 genes unique to carrot. They then sequenced 35 different carrot specimens and subspecies, both wild and cultivated, to understand domestication patterns. They compared the carrot sequence to other plant genomes and determined when carrots diverged from grape, kiwi and tomato. Finally, they found a gene responsible for the uncommonly high accumulation of beta-carotene, a vitamin A precursor, in the carrot root.

The authors suggest that this information can be used to help breeders improve the nutritional quality of not only carrots but other diverse crops as well.

doi: 10.1038/ng.3565

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度