Research press release

膵臓がんの間質と腫瘍に患者特異的なサブタイプが見つかった

Nature Genetics

Identifying patient-specific types of pancreatic cancer

膵臓がん細胞とその周囲の正常な膵臓細胞のそれぞれに2つのサブタイプが存在し、患者の生存率を左右していることが明らかになった。この研究結果は、膵臓がんの中で最も多く見られる膵管腺がんの患者に対する個別化治療の計画を改善する上で役立つ可能性がある。こうした新知見についての報告が、今週のオンライン版に掲載される。

膵管腺がんは、5年生存率がわずか4%という致死的な疾患だ。腫瘍のサンプルには、正常な細胞とがん細胞が混ざっているが、正常な細胞ががん細胞を取り巻いているため、がん細胞に特異的に生じ、膵臓がんの発生に寄与する分子レベルの変化を特定することが難しい。それに加えて、膵臓がんのサンプル間の遺伝学的差異の解明がほとんど進んでおらず、新しい治療法の開発が制約されている。

今回、Jen Jen Yehたちは、過去の膵臓がん研究で得られた遺伝子発現データを用いて、腫瘍細胞と正常な細胞の遺伝学的特徴をほぼ区別することに成功した。さらにYehたちは、こうした遺伝的シグナルを解析し、がん細胞と正常な細胞のそれぞれに2つのサブタイプがあり、患者の転帰に異なった影響を及ぼすことを明らかにした。腫瘍の第1のサブタイプは予後が悪く、1年生存率は44%であったのに対して、第2のサブタイプの1年生存率は70%だった。それぞれのサブタイプは、異なる遺伝子変異を伴っていた。

また、Yehたちは、転帰の悪い腫瘍サブタイプが、膀胱がんと乳がんにおける腫瘍と分子的に類似しており、この腫瘍サブタイプを有する患者は、より積極的で個別化された治療に対する反応が良好だと考えられることも明らかにした。ただし、それぞれのサブタイプと特定の治療法に対する応答がどのように関連しているのかを解明するには、今後の研究の積み重ねが必要だ。

Two newly identified subtypes of pancreatic cancer cells and of nearby normal pancreatic cells contribute to differences in patient survival, reports a study published online this week in Nature Genetics. The findings may help doctors better plan individualized treatments for patients with the most common type of pancreatic cancer.

Pancreatic ductal adenocarcinoma is a deadly disease, with a 5-year survival rate of only 4%. Normal cells surround the cancer cells and make it difficult to pinpoint the molecular changes that occur specifically in cancer cells and contribute to the development of pancreatic cancer, as tumor samples are a mixture of both normal and cancer cells. In addition, there is little known about the variation among pancreatic cancer samples at the genetic level, limiting the development of new treatments.

Jen Jen Yeh and colleagues used gene expression data from previous studies of pancreatic cancer to virtually separate the genetic signatures of tumor and normal cells. The authors further dissected the signals to show that there were two subtypes of both cancer and normal cells, each of which affected patient outcome differently. One of the tumor subtypes had a worse prognosis, with a 1-year survival rate of 44%, compared to the second subtype with a 1-year survival rate of 70%. Each subtype was associated with different gene mutations.

The authors also found that the tumor subtype with the worse outcome was molecularly similar to tumors in bladder and breast cancers, and patients with this subtype appeared to respond better to more aggressive and personalized therapies. However, future studies are needed to determine how each subtype is associated with response to specific therapies.

doi: 10.1038/ng.3398

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度