Volume 54 Number 2

ヒトの遺伝学とマイクロバイオーム

ヒトの遺伝的多様性が腸内マイクロバイオームの形質、微生物の構成や菌種の豊富さなどとどのように関連するかを解析することで、宿主と微生物遺伝学の関係についての深い理解を得ることが可能になる。

参照論文:Lopera-Maya et al. Article p.143
画像制作および表紙デザイン:Valentina Monaco

目次

注目のハイライト

その他のハイライト

Editorial

News & Views

3Dゲノミクス:MAZはクロマチンドメインの隔離とゲノム構造を調節する

MAZ regulates chromatin domain insulation and genome architecture p.96

doi: 10.1038/s41588-021-00995-9

転位性遺伝因子:ゲノムの暗黒物質LINEに隠された役割を探る

Walking the LINEs hidden in the dark matter of the genome p.98

doi: 10.1038/s41588-021-01003-w

Perspectives

マイクロバイオーム:宿主の遺伝的背景が腸内マイクロバイオームに及ぼす影響:研究の課題と将来展望

Challenges and future directions for studying effects of host genetics on the gut microbiome p.100

doi: 10.1038/s41588-021-00983-z

染色体外DNAとがん治療:染色体外DNAのゲノム内および空間的な可動性と、がん治療に対するその意味合い

The genomic and spatial mobility of extrachromosomal DNA and its implications for cancer therapy p.107

doi: 10.1038/s41588-021-01000-z

神経科学:ニューロンゲノムの完全性と可塑性に対するプログラムされたDNA損傷の脅威

The threat of programmed DNA damage to neuronal genome integrity and plasticity p.115

doi: 10.1038/s41588-021-01001-y

Brief Communications

COVID-19:UGT2A1/UGT2A2座位はCOVID-19と関係する嗅覚と味覚の消失に関連する

The UGT2A1/UGT2A2 locus is associated with COVID-19-related loss of smell or taste p.121

doi: 10.1038/s41588-021-00986-w

COVID-19:多民族人種データによる精細マッピングから重症COVID-19のリスクにOAS1のスプライシングが関与していることが示される

Multi-ancestry fine mapping implicates OAS1 splicing in risk of severe COVID-19 p.125

doi: 10.1038/s41588-021-00996-8

Letter

がんの進化:がんゲノムにおける両対立遺伝子性変異から局所的な変異決定因子が明らかになる

Biallelic mutations in cancer genomes reveal local mutational determinants p.128

doi: 10.1038/s41588-021-01005-8

Articles

マイクロバイオーム:単一集団のコホートにおいて、宿主の遺伝学的性質と食事がヒト腸の微生物相や発症疾患に及ぼす複合的な影響

Combined effects of host genetics and diet on human gut microbiota and incident disease in a single population cohort p.134

doi: 10.1038/s41588-021-00991-z

マイクロバイオーム:オランダ・マイクロバイオームプロジェクトの7738人の参加者における腸のマイクロバイオームに及ぼす宿主の遺伝的背景の影響

Effect of host genetics on the gut microbiome in 7,738 participants of the Dutch Microbiome Project p.143

doi: 10.1038/s41588-021-00992-y

偏頭痛:偏頭痛10万2084症例のゲノムワイド解析によって明らかになった123のリスク座位とサブタイプ特異的リスク対立遺伝子

Genome-wide analysis of 102,084 migraine cases identifies 123 risk loci and subtype-specific risk alleles p.152

doi: 10.1038/s41588-021-00990-0

脳関連形質:ヒト脳についての複数祖先系集団のeQTLメタ解析によって脳関連形質の原因バリアント候補を特定

Multi-ancestry eQTL meta-analysis of human brain identifies candidate causal variants for brain-related traits p.161

doi: 10.1038/s41588-021-00987-9

急性リンパ芽球性白血病:GATA3の非コードの遺伝的多様性は、クロマチンコンホメーションの局所的および全体的変化を介して急性リンパ芽球性白血病のリスクを高める

Noncoding genetic variation in GATA3 increases acute lymphoblastic leukemia risk through local and global changes in chromatin conformation p.170

doi: 10.1038/s41588-021-00993-x

免疫:LINE1は非カノニカルな転写バリアントにスプライシングされて、T細胞の静止状態や疲弊を調節する

LINE1 are spliced in non-canonical transcript variants to regulate T cell quiescence and exhaustion p.180

doi: 10.1038/s41588-021-00989-7

ゲノムの組織化:細菌のゲノム組織化をもたらす染色体ループのアンカー

A chromosomal loop anchor mediates bacterial genome organization p.194

doi: 10.1038/s41588-021-00988-8

ゲノムの組織化:HoxクラスターではMAZがCTCFを介する隔離のコファクターであることをCRISPRおよび生化学的スクリーニングによって確認

CRISPR and biochemical screens identify MAZ as a cofactor in CTCF-mediated insulation at Hox clusters p.202

doi: 10.1038/s41588-021-01008-5

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度