Research press release

リアルタイムフィードバックでシャワーに使う電力を削減する

Nature Energy

Power spent in shower reduced with real-time feedback

シャワーを浴びている間のエネルギーの使用量をホテルの宿泊客にリアルタイムでフィードバックすると、エネルギー消費が少なくなることを示した論文が、今週掲載される。

エネルギー消費に対するフィードバック介入の影響を調べるこれまでの研究は、ボランティアの参加者に頼っており、こうした参加者は、一般の人と比べて省エネに意欲的で、各自に消費を減らす金銭的インセンティブがある家庭でのエネルギー消費に目を向けている可能性がある。フィードバック介入がエネルギーの節約に役立っている可能性をより広範に評価するには、介入によって生じるどのような省エネにも経済的利害関係のない参加者を無作為に選ぶ必要がある。

今回Verena Tiefenbeckたちは、スイスの6軒のホテルの宿泊客(公共料金を個別には支払わない)に、ホテル浴室のシャワーに取り付けられたスマートメーターを見せるという無作為化比較試験を行った。その結果、スマートメーター付きシャワーによって資源消費量がリアルタイムでフィードバックされる部屋の宿泊客は、水温だけが表示される部屋の宿泊客と比べて、エネルギー消費量が11.4%少なかった。Tiefenbeckたちは、こうした省エネ効果に基づき、ホテルでのスマートメーターの設置は、平均2.2年以内にその費用を回収できると見積もっている。これは、他の省エネ投資と比べてかなり速い。

このようなフィードバック介入は、スケーラブルで簡単に実行でき、初期の設置費が最小限で済むとともに、金銭とエネルギーの両方を節約できる可能性があり、今回の知見はその有効性を実証している。

Providing hotel guests with real-time feedback on their energy use while they shower reduces their energy consumption, suggests a paper published online this week in Nature Energy.

Previous studies on energy feedback interventions have relied on volunteer participants, who may be more motivated than the general public to conserve energy, and focused on home energy use, where individuals have monetary incentives to reduce their consumption. Randomly chosen participants with no financial stake in any resulting energy savings are needed to assess whether feedback interventions might help save energy more broadly.

Verena Tiefenbeck and colleagues conducted a randomized controlled trial in which guests at six Swiss hotels - who do not pay for their individual utility use - encountered smart meters fitted to the showers in their hotel’s bathroom. Guests in rooms where the smart shower provided real-time feedback on its resource consumption used 11.4% less energy while showering than those in rooms where only the water temperature was displayed. Based on these energy savings, the authors estimate that smart meters in hotels recover their cost within an average of 2.2 years - which is relatively fast in comparison to other energy efficiency investments.

These findings demonstrate the effectiveness of this easy-to-implement, scalable feedback intervention that has the potential to save both money and energy, with a minimal initial setup cost.

doi: 10.1038/s41560-018-0282-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度