Research press release

環境に優しいエネルギーの費用負担の不公平さを知ると、消費者は激怒する

Nature Energy

Consumers see red if green energy costs are unfair

ドイツの家庭は、エネルギー集約型産業への既存の補助金が廃止されれば、再生可能エネルギーの追加費用をより快く受け入れると思われることが、今週掲載の論文で示唆されている。

環境に優しいエネルギーの拡大と普及にかかる費用を賄うために、ドイツは電力料金に一定の追加料金(再生可能エネルギー法賦課金)を課している。現在、この賦課金は、最終使用電力料金の4分の1を占めている。しかし、エネルギー集約型施設の約4%(産業利用の約40%に相当)が、この追加料金の除外対象となっている。これは、こうした産業の国際競争力を守ることを意図した政策である。消費者と産業界の間のこうした料金の不公平が、再生可能エネルギーを支える民衆の意欲に影響を及ぼす可能性があるかは分かっていなかった。

今回Manuel Frondelたちは、これを調べるため、ドイツ国内の1万1000家庭が参加した無作為化表明選択実験を行った。彼らは参加者に、2020年までに環境に優しい電力のシェアを拡大することを意図した賦課金の引き上げを快く受け入れるかを質問した。その結果、産業界の賦課金免除の横行について知らされた調査の回答者は、追加料金の引き上げを受け入れない傾向にあることが明らかになった。しかし、35~40%以上の回答者は、産業界の賦課金免除が廃止されたと分かれば追加料金を受け入れるだろうと述べた。

Frondelたちは、この研究で再生可能エネルギー政策を1つしか検証していないが、今回の知見から、炭素税制などの他の政策手段に起因する費用負担の配分への考慮も重要であることが明らかになったと結論付けている。

German households would more readily accept extra costs for renewable energy if existing subsidies for energy-intensive industries were removed, suggests a paper published online this week in Nature Energy.

To finance the expansion and promotion of green energy, Germany places a fixed surcharge on the net price of electricity, dubbed the Renewable Energy Act levy. Today, this accounts for a quarter of the end-use electricity price. However, around 4% of energy-intensive facilities - constituting about 40% of industrial usage - qualify for an exception to this surcharge, a policy intended to protect these industries’ international competitiveness. It was unknown whether the price inequity between consumers and industry could impact the public’s willingness to support renewables.

To investigate, Manuel Frondel and colleagues conducted a randomized, stated-choice experiment involving 11,000 German households. They asked participants about their readiness to accept an increase in the levy intended to achieve a greater share of green electricity by 2020. The authors found that survey respondents who were informed about the prevalence of levy exemptions for industry were less likely to accept a surcharge increase. However, 35-40% more respondents indicated that they would accept the extra charge when they were told that the industry exemption was being abolished.

Although the authors only tested one renewable energy policy in this study, they conclude that the findings highlight the importance of also considering the distribution of cost burdens resulting from other policy instruments, such as carbon tax schemes.

doi: 10.1038/s41560-018-0233-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度