News in Focus

言語生成AIは科学をいかに変え得るか

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220813

原文:Nature (2022-05-05) | doi: 10.1038/d41586-022-01191-3 | How language-generation AIs could transform science

Richard Van Noorden

新興技術ガバナンスの専門家であるミシガン大学(米国アナーバー)のShobita Parthasarathyに話を聞いた。

Shobita Parthasarathyは、大規模言語モデルの使用は規制されるべきだと語る。 | 拡大する

膨大な量のテキストから流暢な言語を生成する機械学習アルゴリズムは、科学のやり方を変える可能性がある。しかし、Parthasarathyは、それが必ずしも良い方向に向かうとは限らないと言う。彼女たちは、2022年4月27日に発表した報告書(go.nature.com/381jjiv参照)の中で、大規模言語モデル(LLM)と呼ばれる新しい人工知能(AI)技術の社会的影響についての予測を試みた。LLMは、驚くほど説得力のある文章を作成し、言語間の翻訳を行い、質問に答え、コードを生成することさえできる。彼女は、LLMは複雑な研究を理解するための取り組みに役立つが、一般の人々の科学に対する疑念を深める可能性があると言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度