News Scan

クジラの声で海底下を探る

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210617a

ナガスクジラの発した音波が地殻内部で反射してきた信号を捕捉する。

ナガスクジラ(Balaenoptera physalus)の力強い声は海底下の構造を調べるのに役立つ。 | 拡大する

BY WILDESTANIMAL/MOMENT/GETTY

科学者が海底下の構造を地図に描く上で、意外な協力者が新たに登場した。ナガスクジラ(Balaenoptera physalus)だ。体長18~27mのこの巨大生物の声は海中で1000km先まで届き、音量は船のエンジン並みだ。Science に掲載された最近の研究によると、こうした声を海底下2.5kmまでの構造を画像化するのに利用できるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度