News in Focus

クォーク4個からなるエキゾチックな粒子をLHCで発見

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2021.211104

原文:Nature (2021-08-10) | doi: 10.1038/d41586-021-02174-6 | Exotic four-quark particle spotted at Large Hadron Collider

Davide Castelvecchi

クォーク4個からなる粒子「テトラクォーク」の新種がLHCで発見された。強い相互作用の理論の検証に役立ちそうだ。

LHCの検出器の1つ、LHCb。地下約100mに設けられており、陽子ビームの方向(写真の左右方向)で約20mの大きさがある。2014年9月撮影。 | 拡大する

Harold Cunningham/Contributor/Getty Images

クォーク4個からなるテトラクォークと呼ばれる稀な粒子の新種が、欧州原子核共同研究機関(CERN;スイス・ジュネーブ近郊)にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使って発見され、2021年7月に公表された。このテトラクォークは、そのクォークの構成がこれまでに発見されたテトラクォークとは異なっており、強い相互作用の理解を進めそうだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度