News in Focus

CRISPRによるゲノム編集はヒト胚の染色体を傷つける

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200911

原文:Nature (2020-06-25) | doi: 10.1038/d41586-020-01906-4 | CRISPR gene editing in human embryos wreaks chromosomal mayhem

Heidi Ledford

ヒト胚のゲノム編集でDNAの大規模な欠失や再編成が生じることが3件の研究により明らかになり、ゲノム編集の遺伝的影響に関する懸念がさらに高まった。

ヒト胚のゲノム編集が議論の的になるのは、ゲノムに世代を超えて継承される変化を生じさせるからだ。 | 拡大する

SPL-ZEPHYR/Brand X Pictures/Getty

ゲノム編集ツールであるCRISPR–Cas9を使ってヒト胚を遺伝的に改変した一連の実験で、この処理によって、標的とするゲノム部位かその近隣領域に望ましくない大規模な変化が生じる場合があることが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度