News & Views

航空ライダー調査によるマヤ文明初期の大公共建築の発見

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200939

原文:Nature (2020-06-25) | doi: 10.1038/d41586-020-01570-8 | Large-scale early Maya sites in Mexico revealed by lidar mapping technology

Patricia A. McAnany

ライダー技術の応用で、裸眼での天体観測に使われた巨大な建造物が、意外にも古代マヤ文明の初期に作られていたことが明らかになった。これは、マヤ社会の発展についてのこれまでの概念を塗り替えるものである。

拡大する

TAKESHI INOMATA

考古学の分野では、画期的な技術の進歩によって全てが変わる、といった重大な転機は極めて少ない。1940年代の放射性炭素年代測定法の発明はそうした数少ない革命の1つで、これによって考古資料の年代推定に関して世界共通の一貫したシステムがもたらされた。より最近の技術革新としては、ライダー[lidar;light detection and ranging(光検出と測距)]と呼ばれるリモートセンシング技術の航空応用がある。航空ライダーは、森林の木々に覆い隠された地形を裸地として描き出す技術1で、これを使えば、より大規模な遺跡をより短時間で発見できる。この革新的な技術によって、現在、メキシコや中米での考古学研究が一変しつつあり、古代の公共的な景観改変に関する我々の理解が変貌を遂げているのだ。今回のアリゾナ大学(米国トゥーソン)の考古学者、猪俣健ら2による、メキシコ・タバスコ州ウスマシンタ川流域でのマヤ文明初期の大公共建築の発見は、その典型的な例といえよう。この成果は、Nature 2020年6月25日号530ページで報告された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度