News & Views

毛の生えたヒトの皮膚を人工的に培養

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200936

原文:Nature (2020-06-18) | doi: 10.1038/d41586-020-01568-2 | Regenerative medicine could pave the way to treating baldness

Leo L. Wang & George Cotsarelis

未分化のヒト幹細胞がin vitroで皮膚様組織に成長した。この組織をマウスに移植すると毛が生えてきたことから、このアプローチは再生医療に応用できる可能性がある。

2004年、成体マウスの皮膚より分離した幹細胞から毛包が初めて形成されたとき1、Jay Leno(米国のトーク番組『ザ・トゥナイト・ショー』の元司会者)は「科学者が脱毛症の治療に成功しました……少なくともマウスでは」とジョークを飛ばした。それから16年が経ち、今の司会者は「科学者がついに『人間の脱毛症の治療に成功』しました」と紹介することができるようになった。ボストン小児病院およびハーバード大学医学系大学院(共に米国マサチューセッツ州ボストン)のJiyoon Leeら2が、ヒトの幹細胞から毛包を再生できたことをNature 2020年6月18日号399ページで報告したのだ。これで我々は、薄毛や脱毛症で悩む人の頭皮に移植できる毛包に関して、永続的な供給を可能にする手段に一歩近づいた。さらに、このアプローチが臨床で利用できるようになれば、皮膚に傷や瘢痕のある人や遺伝性皮膚疾患の患者は、革新的な治療を受けられるようになるだろう。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度