News & Views

高温に対する植物の応答には相分離が必要である

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2020.201233

原文:Nature (2020-09-10) | doi: 10.1038/d41586-020-02442-x | The plant response to heat requires phase separation

Simon Alberti

温度は植物の地理的分布やその成長・発生速度を決定付けているが、植物がどのように高温を感知して応答を行っているのかは不明だった。今回、この応答性の背後にある過程が明らかにされた。

モデル植物シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)を用いた研究で、植物の高温応答のメカニズムの一端が明らかになった。 | 拡大する

Kristopher Grunert/Corbis/VCG/Getty

植物は、動物のように移動して過酷な条件から逃れることができない。そのため植物は、絶えず周囲の環境をチェックする必要があり、高温にさらされたときは、発生や成長に関わる遺伝子の発現を速やかに調節しなければならない。この温度応答性の基盤と考えられる分子過程について、ケンブリッジ大学(英国)および成均館大学(韓国水原)のJae-Hoon Jungら1が、Nature 2020年9月10日号の256ページで明らかにしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度