News

ファージ感染した緑膿菌は免疫系から逃れやすい

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190602

原文:Nature (2019-03-28) | doi: 10.1038/d41586-019-00991-4 | Virus tricks the immune system into ignoring bacterial infections

Sara Reardon

細菌とウイルスの共生関係を加味することで、一部の微生物が体内で免疫寛容状態になる機序が説明できるかもしれない。慢性感染症のより良い治療法につながる可能性もある。

緑膿菌は褥瘡などの創傷における持続感染の原因となり得る。 | 拡大する

BSIP/UIG/GETTY

緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)は抗生物質治療に耐性を示すことが多く、米国では院内感染の約10%を占めている。このほど、緑膿菌に特定のウイルスが感染していると、ヒトの免疫系がこの緑膿菌を見逃しやすくなることが分かった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度