News

遺伝情報の文字種が2倍の「8文字DNA」

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190508

原文:Nature (2019-02-21) | doi: 10.1038/d41586-019-00650-8 | Four new DNA letters double life’s alphabet

Matthew Warren

遺伝情報を記述する文字種を、人工塩基を加えることで2倍にした「8文字DNA」は、天然のDNAと同様に振る舞うことが示された。

1953年、ロザリンド・フランクリン撮影のX線回折によるDNA結晶の画像。「8文字DNA」も同様に安定している。 | 拡大する

SPL/Getty Images Plus/Getty

地球上に存在する生物のDNAは、わずか4種類の重要な化学物質の配列という形で遺伝情報を保存している。これらの化学物質とは、グアニン、シトシン、アデニン、チミンの4種類の塩基であり、一般にそれぞれG、C、A、Tの略号で表す。今回初めて、人工塩基4種を加えて、DNAの遺伝暗号を8文字にする試みが成功した。この「8文字DNA」は、天然のDNAと同様に遺伝情報を保存したり転写したりできるようだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度