News

培養肉への投資が過熱

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190512

原文:Nature (2019-02-06) | doi: 10.1038/d41586-019-00373-w | Sizzling interest in lab-grown meat belies lack of basic research

Elie Dolgin

近年、培養肉の開発に取り組むスタートアップ企業が数千万ドルの資金調達に成功しているが、学術研究は後れを取っている。

ベーコンチーズバーガーを 培養肉で作ろうとすると、 多額の費用がかかり、技術的にも難しい。 | 拡大する

PHONG PHAM/ALAMY

近年、培養肉への民間投資が急増している。いわゆる「クリーンミート」のスタートアップ企業は、動物の体ではなく試験管の中で培養された肉で、味の良いナゲットやステーキ、ハンバーガーを無限に提供するための研究に取り組んでいる。これらの企業はこの2年間で、ビル・ゲイツやリチャード・ブランソンなどの億万長者およびカーギルやタイソンなどの巨大食品会社から数千万ドル(数十億円)の資金を調達した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度