News Scan

脳の特定部分に介入

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190406b

超音波ビームで薬剤放出。

神経科学者が、人間の脳を調べたり病気を治療したりするのに使えるツールは限られている。手術や電極の挿入は、侵襲性が高過ぎる。磁気刺激などの非侵襲的な方法もあるが、こちらは正確性に欠ける。これに対しスタンフォード大学(米国)の神経放射線科医Raag Airanらは、脳の小さな領域をピンポイントで非侵襲的に操作できる方法を実証した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度