News

CRISPRを利用した刺激応答性ゲル

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191111

原文:Nature (2019-08-22) | doi: 10.1038/d41586-019-02542-3 | CRISPR cuts turn gels into biological watchdogs

Ewen Callaway

遺伝子編集ツールで作動させる刺激応答性材料が報告された。このスマートマテリアルは、薬剤の送達や、特定の生体分子の検知への応用が可能という。

ヒドロゲルは親水性ポリマーでできており、その中に水分を保持できる。 | 拡大する

arkady/Getty

CRISPRにできないことはあるのだろうか? この遺伝子編集ツールを巧みに使うことで、科学者たちはさまざまな遺伝子改変生物を作製し、動物の発生過程を追跡し、疾患を検出し、害虫を防除してきた。このほど、その新しい応用例がまた1つ見つかった。CRISPRを引き金として構造を変化させることができるスマートマテリアルが開発されたのだ。この形状変化マテリアルを使用して、小分子を送達したり、多様な生体シグナルの検知デバイスを作製したりできるという。マサチューセッツ工科大学(米国ケンブリッジ)の生物工学者James Collinsが主導したこの研究成果は、Science8月22日号で報告された(M. A. English et al. Science 365, 780–785; 2019)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度