News

超重力理論に特別ブレイクスルー賞

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191114

原文:Nature (2019-08-06) | doi: 10.1038/d41586-019-02397-8 | Speculative ‘supergravity’ theory wins US$3-million prize

Zeeya Merali

現実をよく記述するとはいえないが今日の物理学に多大な影響を及ぼした理論を提唱した3人の物理学者に2020年基礎物理学特別ブレイクスルー賞が贈られた。

「超重力」理論の提唱によって2020年基礎物理学特別ブレイクスルー賞を受賞した、Peter van Nieuwenhuizen、Sergio Ferrara、Dan Freedman(左から順に、2016年撮影)。 | 拡大する

CERN

自然界の全ての力を統一しようとする超重力理論が提案されて40年以上になるが、この理論が世界の真の記述なのかどうか、いまだに結論は出ていない。それでも今回、理論の生みの親たちに科学界で最も気前の良い賞の1つが贈られた。賞金300万ドル(約3億2400万円)の基礎物理学特別ブレイクスルー賞だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度