News

炭素だけからなるリング状分子の合成・単離に成功

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2019.191109

原文:Nature (2019-08-15) | doi: 10.1038/d41586-019-02473-z | Chemists make first-ever ring of pure carbon

Davide Castelvecchi

18個の炭素原子がリング状につながったシクロカーボンが合成・単離され、その構造が初めて調べられた。この分子は半導体の性質を持つと予想されており、エレクトロニクスへの応用が期待される。

炭素の円環
炭素だけでできたリング状分子シクロ[18]カーボン(C18)が初めて合成・単離され、原子間力顕微鏡で画像化された。 | 拡大する

SOURCE: K. KAISER ET AL. SCIENCE (2019); IBM RESEARCH

ほとんどの化学者が随分前に単離と構造評価を諦めた、18個の炭素原子だけからなるリング状分子「シクロ[18]カーボン」(C18)。このほど、オックスフォード大学(英国)の化学者Przemyslaw GawelらとIBMチューリヒ研究所(スイス)のKatharina Kaiserらの共同研究チームによって初めて合成・単離され、その構造が調べられた。この研究の結果は、2019年8月15日、Scienceで発表された(K. Kaiser et al. Science http://doi.org/c9mq; 2019)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度