News

中国がフェイク査読取り締まりを強化

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170914

原文:Nature (2017-06-22) | doi: 10.1038/546464a | China cracks down on fake peer reviews

David Cyranoski

中国の研究助成機関は、論文捏造に対する厳罰化および取り締まり強化を発表した。

拡大する

allanswart/iStock/Getty Images Plus/Getty

中国政府は、投稿論文を不正な査読を介して学術誌に掲載させた科学者に対して強い姿勢で臨むことを表明した。がん専門誌に掲載された中国の研究者の論文107編が2017年4月に撤回されたことを受け、中国科学技術大臣をリーダーとする関係当局は6月14日に合同で声明を出し、中国政府はこうした不正行為に関与した研究者への助成金の支給を停止すると発表したのだ。中国の研究助成機関も、同様の不正行為を防止するため、科学コミュニティーの取り締まりを強化していくことを約束した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度