Editorial

正確な周期で電磁波を発する天体

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2017.171037

原文:Nature (2017-07-06) | doi: 10.1038/547005b | Pulsars still dazzle after 50 years

パルサーが発見されて50年になる。この天体が科学的に価値のあることを示す証拠が今も次々と報告されている。

ジョスリン・ベル=バーネルは、パルサーを発見した当時、ケンブリッジ大学(英国)の大学院生としてアントニー・ヒューイッシュの下で学んでいた。写真は1968年、マラード電波天文台にて撮影されたもの。 | 拡大する

Daily Herald Archive/SSPL/Getty Images

自然がもたらす現実は、自分たちが望むよりも雑然としていて美しくないことが多く、そのことは、科学者自身が分かりすぎるほど分かっている。しかし、稀にではあるが、宇宙からのうれしい贈り物がある。その1つが50年前のパルサーの発見だった。パルサーは、極めて正確に「時を刻む」星であり、その発見から数十年間に天文学者はパルサーを使って重力を検証し、深宇宙を探索した。また、パルサーをもとにして未来の全地球測位システム(GPS)が作り出される可能性もある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度