PR

Nature 関連誌に3つの新ジャーナル

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160401pr

原文:Nature (2016-01-14) | doi: 10.1038/529128a | Three new Nature journals

エネルギー問題に目を向け自然科学から社会科学まで広く扱うNature Energy、微生物に関する全てを扱うNature Microbiology、そして材料研究の進展をまとめたNature Reviews Materials を創刊しました。

研究者、研究機関、研究助成団体は、基礎と実用の両方で重要な研究が行われることを求めています。そうした研究には、さまざまな分野の研究者が参画できる環境が必要であり、また最高水準のロバスト性を目指すことが求められます。その実現の一助となることを願い、これら3誌を創刊しました。

Nature Energy 創刊号無料公開中

対象範囲が最も広い学術誌で、エネルギーの生成と貯蔵、配給の諸課題解決に役立つ全ての自然科学研究、社会科学研究、政策研究を扱います。創刊号には、①南アジアにおけるクリーンなコンロの利用促進政策、②米国におけるバイオ燃料促進政策の影響などの論文を掲載しています。

Nature Energyでは学際的な研究論文の掲載を主要なミッションの1つとしており、編集者全員が同じ事務所内にデスクを置いて相互に協力しあう体制を整えています。また編集チームには、社会科学を専門とする者もいます。

Nature Microbiology 創刊号無料公開中

地球上に最も多く存在し、地球上の生物のあらゆる面での基盤となっている微生物。Nature Microbiologyでは、全ての種類の微生物(細菌、ウイルス、アーキア、真核生物)を対象に含めています。微生物の進化、生理、細胞生物学的性質、微生物間/微生物・宿主間/微生物・環境間の相互作用、社会に対する微生物の意義なども扱います。

創刊号には、①野生酵母の交雑による種分化、②細菌の世界的分布と細菌を原因とする疾病負荷、③別のウイルスのキャプシド外殻を借用するウイルスの同定など、微生物に関する多種多様な論文を掲載しています。

Nature Reviews Materials 創刊号無料公開中

材料研究はエネルギー研究の主要な構成要素の1つであり、また材料自体に関する知見からは、応用への道が開かれます。Nature Reviews Materialsでは、研究室での発見から機能性デバイスとして利用されるまでの過程全体にわたり、「材料」に目を向けた総説を掲載します。また、より健康に暮らせる持続可能な未来が、材料研究を通じどのように達成され得るかについても探っていきます。

創刊号には、①コンピューターによるエネルギー材料の設計②光起電性デバイスの進展③撥水性材料と疎氷性材料の表面特性④ナノカーボン類の合成⑤心血管疾患の治療に利用できる血管新生促進材料の設計などに関する総説を掲載しています。

キーワード

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度