News & Views

環境に優しい電気分解製鉄法

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2013.130824

原文:Nature (2013-05-16) | doi: 10.1038/nature12102 | Iron production electrified

Derek Fray

科学者たちは長い間、電気を使って溶融酸化鉄から鉄と酸素を作ることを夢見てきた。 今回、高温と腐食性化学物質に耐えるアノード材料が開発され、実現に向かって一歩前進した。

2011年の世界の鉄生産量は約10億tである1。残念なことに、鉄の製造工程では二酸化炭素(CO2)が発生し、その量はこの年の大気中CO2増加量の約5%を占めている1。ただ、これは鉄1t当たりのCO2発生量が多いからではない。他の金属と比較すると、鉄の製造工程におけるCO2発生量はむしろ低い方だ。大気中CO2への影響がこれほど大きいのは、鉄の生産量自体が膨大だからである。Antoine Allanoreら2はこのたび、安価なアノード(陽極)材料を用いて、電気分解(電解)で鉄鉱石を還元する方法を開発した(Nature 2013年5月16日号353ページ)。この研究成果を利用すれば、CO2排出低減につながる環境に優しい製鉄法が実現するかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度