Research press release

免疫学:SARS-CoV-2感染後の免疫は長期間持続する

Nature

Immunology: Long-lasting immunity after SARS-CoV-2 infection

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染に応答して産生される抗体は、感染後6~12か月間に進化し続け、ワクチン接種によって増強されることを明らかにした論文が、Nature に掲載される。今回の研究結果は、以前にSARS-CoV-2に感染した人の免疫が長期間持続する可能性があり、回復期にある人がワクチン接種を受けると、循環血液中のSARS-CoV-2変異株に対する感染防御効果が得られる可能性が高いことを示唆している。

今回、Michel Nussenzweigらの研究グループは、2020年にCOVID-19から回復した者(63人)の血液試料を分析した。そのうちの26人は、モデルナ製ワクチンまたはファイザー/バイオンテック製ワクチンの接種を少なくとも1回受けていた。感染後6~12か月間に記憶B細胞が産生した一連の抗体は、反応幅が広がり、力価が上昇し、その後、ワクチン接種を受けた者の体内では、記憶B細胞が、懸念される変異株を含むSARS-CoV-2変異株に対して非常に有効な抗体を産生するようになった。

SARS-CoV-2感染から1年後、今回の研究の対象となった全ての型のウイルスに対する中和活性は、ワクチン接種を受けた者よりも受けていない者の方が低かった。このことは、ワクチン接種によってSARS-CoV-2感染歴のある者の免疫が高まることを暗示している。また、Nussenzweigたちは、SARS-CoV-2感染歴がなく、ワクチン接種を受けた人の体内でB細胞が同じように進化するのであれば、適切な時期に追加ワクチンを接種することで、循環中のSARS-CoV-2変異株に対する感染防御免疫が生じる可能性があるという考えを示している。

Antibodies produced in response to SARS-CoV-2 infection continue to evolve over a 6-to-12-month period, and are boosted by vaccination, a Nature paper reveals. The findings suggest that immunity could be long-lasting in previously infected individuals, and that convalescent individuals who receive vaccines are likely to be protected against circulating SARS-CoV-2 variants.

Michel Nussenzweig and colleagues analysed blood samples from 63 people who had recovered from COVID-19 in the previous year. Of these, 26 had received at least one dose of either the Moderna or the Pfizer–BioNTech vaccines. From 6 to 12 months, the range of antibodies produced by memory B cells increased in range and potency, and when individuals were subsequently vaccinated, they went on to produce antibodies that were highly effective against SARS-CoV-2 variants, including variants of concern.

A year after infection, neutralizing activity against all forms of the virus included in this study was lower in people who had not been vaccinated than in those who had been vaccinated. This hints that vaccination increases immunity in those who have already had the disease. The authors also suggest that if B cells evolve in a similar manner in vaccinated people who have not had the disease, then an appropriately timed booster vaccine may be able to generate protective immunity against circulating variants.

doi: 10.1038/s41586-021-03696-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度