Research press release

気候変動:21世紀に入って加速した世界の氷河の質量減少

Nature

Climate change: Accelerated global glacier mass loss in the twenty-first century

過去20年間に世界の氷河の質量減少が加速したことを報告する論文が、Nature に掲載される。この推定結果は、20万か所以上の氷河(地球上のほぼ全ての氷河)の高分解能マッピングに基づいており、最新の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書や最近の全球的研究と比較して、不確かさが著しく減った。氷河の融解の時間経過を明らかにし、氷河の融解によって地域的な水文がどのように変化して、海水準上昇の一因になるのかを解明することは、将来の変化を予測するモデルを改善する上で役立ち、水資源の管理と海水準上昇の緩和のための戦略にとって有益な情報をもたらす可能性がある。

今回、Romain Hugonnetたちの研究チームは、多様な衛星画像と航空画像(主に50万件の衛星ステレオ画像)のアーカイブを分析して、個々の氷河の質量変化を調べた。次にHugonnetたちは、研究対象となった全世界の21万7175か所の氷河(氷床を除く)について、21世紀初頭の20年間の標高(海水準からの高さ)の変化を推定した上で、この推定値を、入手可能な独立した高精度測定値を用いて検証し、個々の氷河の体積と質量の変化を算出した。その結果、2000~2019年の全世界の氷河の質量減少量は、平均で年間267ギガトンであり、観測された海水準上昇の21%に相当すると推定された。世界の氷河の質量減少は、2000年以降の各10年間に毎年48ギガトンのペースで加速しており、このことで、観測された海水準上昇の加速の6~19%を説明できる。Hugonnetたちは、これまでの研究と比べて、氷河の質量減少を巡る不確かさが著しく減ったことで、氷河の質量減少に関する地域的パターンの定量化、背後にある気候要因、質量減少の推定加速度に対する信頼性が高まったと結論付けている。

Global glacier mass loss during the past two decades has accelerated, according to a study published in Nature. The estimates, based on high resolution mapping of over 200,000 glaciers (nearly all glaciers on Earth), have notably reduced uncertainties compared to the latest IPCC report and recent global studies. Understanding how glaciers melt over time, and how this modifies regional hydrology and contributes to rising sea levels, can help to improve models that predict future changes and could inform strategies to manage water resources and mitigate sea-level rises.

Romain Hugonnet and colleagues analysed a diverse archive of satellite and aerial imagery — primarily relying on half a million satellite stereo images — to study mass changes of individual glaciers. The researchers then estimated the change in surface elevation (the height above sea level) of the 217,175 glaciers inventoried worldwide, excluding ice sheets, across the first 20 years of the twenty-first century. They validated their estimates with available independent, high-precision measurements and calculated the volume and mass change of individual glaciers. The authors estimate that, between 2000 and 2019, glaciers lost on average a total of 267 gigatonnes of mass per year, accounting for 21% of the observed sea-level rise. Glacier mass loss has been accelerating at 48 gigatonnes per year each decade since 2000, which could explain 6–19% of the observed acceleration of sea-level rise. The reduction in uncertainties surrounding glacier mass loss, relative to previous work, provides heightened confidence in the quantification of regional patterns, underlying climate drivers, and the estimated rate of accelerated mass loss, the authors conclude.

After the embargo ends, the full paper will be available at: https://www.nature.com/articles/s41586-021-03436-z

doi: 10.1038/s41586-021-03436-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度