Research press release

【生態学】グレートバリアリーフでサンゴの回復が進まない原因

Nature

Ecology: How coral recovery is impaired on the Great Barrier Reef

2016年と2017年にグレートバリアリーフで大量白化現象が発生した後に補充された新しいサンゴの幼生が89%減少したことを報告する論文が、今週掲載される。今後20年間に極端な気候事象の発生が増えると予想されているため、グレートバリアリーフがどの程度回復可能なのかは明確になっていない。

グレートバリアリーフでは、過去20年間に大量白化現象が4回発生しており、温室効果ガスの排出に関してこれまで通りの対策しか実施されないシナリオでの予測によれば、白化は、2035年以降は10年間に2回、2044年以降は年1回の頻度で発生するようになる。

今回、Terry Hughesたちの研究グループは、極端な気候事象が発生した後のグレートバリアリーフの回復能力を調べるために、2016年と2017年の大量白化現象の前後におけるサンゴの成群体と幼生の補充の関係を検討した。その結果、サンゴの成群体の消失が幼生の補充の崩壊と関連しており、補充されたサンゴ種の組成に変化が見られることが分かった。幼生保育型サンゴは、受精した幼生を放出すると、これらの幼生は通常、24時間以内に定着する。一方、放卵放精型サンゴは、卵や精子を放出すると、それらは体外で受精し、幼生は4~7日後に定着する。Hughesたちは、幼生の補充が激減した水域で優占種となるのは、広範囲に散在し多様性に富んだ放卵放精型サンゴの幼生ではなく、隣接地域からやってきた幼生保育型サンゴの幼生であるという観察結果を示している。

幼生の補充に変化が生じると、回復しつつあるサンゴ群集の組成が影響を受け、今後の白化現象に対応する能力も影響を受ける可能性があると、Hughesたちは結論付けている。

After the mass bleaching events in 2016 and 2017 on the Great Barrier Reef, recruitment of new coral larvae fell by 89% according to a study published online in Nature this week. Given the projected increase in the occurrence of extreme climate events over the next two decades, the extent to which the Great Barrier Reef will be able to recover is unclear.

The Great Barrier Reef experienced mass bleaching events four times in the past 20 years and, under a business-as-usual scenario for greenhouse gas emissions, projections suggest that it will bleach twice a decade from 2035 and annually after 2044.

To investigate the capacity of the Great Barrier Reef to recover after extreme climate events, Terry Hughes and colleagues examined the relationships between the adult stock and larval recruitment of corals before and after the mass bleaching events in 2016 and 2017. The authors found that the loss of adult coral was associated with a collapse in larval recruitment and there was a shift in the composition of the coral species that were recruited. Brooding species of coral release fertilized larvae that typically settle within a day, whereas spawners release eggs and sperm that are externally fertilized and larval settlement takes place four to seven days later. In the depleted recruitment pools, they observed that locally sourced larval recruits of brooders became the dominant population rather than the more widely dispersed and diverse larvae of spawners.

The authors conclude that the shift in larval recruitment will influence the composition of recovering coral assemblages and could affect their ability to cope with bleaching events in the future.

doi: 10.1038/s41586-019-1081-y|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度