Research press release

【生態学】協同育児と托卵を使い分けるカッコウが得る利益

Nature

Ecology: Cooperative nest egg pays off for cuckoos

熱帯に生息するカッコウの雌は、協同育児を行えないときに托卵することを、11年間の現地調査データから明らかにした論文が、今週掲載される。

協同営巣する鳥類は、社会的寄生者(宿主の巣に卵を産み付けるだけで孵卵や育児をしないもの)に対して無防備だ。熱帯に生息するカッコウの一種であるオニオオハシカッコウ(Crotophaga major)は、一風変わっており、協同育児を行う雌と托卵する雌が混在していて、その両方を行う雌もいる。ところが、雌のオニオオハシカッコウがこうした異なる繁殖戦略をいつ、どのような理由でとるかについては、実験的証拠がなかった。

今回Christina Riehlたちの研究グループは、オニオオハシカッコウの2つの代替的な繁殖戦略による適応度の利益を調べることを目的としてパナマで実施された11年間の現地調査の結果を報告している。この現地調査でRiehlたちは、個体群の雌の大部分が繁殖期当初は協同育児を行うが、少数の雌は、最初の巣が破壊されると、その後は托卵することを明らかにした。また、一度托卵した雌は、それを繰り返す傾向も見られた。Riehlたちは、長年にわたる調査の結果、いずれの繁殖戦略の適応度の利益もほぼ同じであることを実証した。一度も托卵したことがなく、一貫して協同育児を行ったオニオオハシカッコウは、協同育児と托卵の両方を行った個体と比べて産卵数が多く、自らの巣で育てたヒナの数も多かったため、生殖生産量の合計に差はなかった。

以上の知見は、オニオオハシカッコウの繁殖戦略に関する手掛かりとなっており、個体群において協同的繁殖と寄生的繁殖の戦術が使い分けられる仕組みを実証した。

Eleven years of field data showing that female tropical cuckoos resort to breeding parasitically if they are unable to breed cooperatively is reported in a study published online this week in Nature.

Cooperatively nesting birds are vulnerable to social parasites, which lay their eggs into host nests but provide no parental care. The greater ani (Crotophaga major), a tropical cuckoo, is unusual in that the females breed both cooperatively and parasitically, with some doing both. However, empirical evidence of when and why female anis deploy these different reproductive strategies has been lacking.

Christina Riehl and colleagues present 11 years of field research in Panama to examine the fitness payoffs of alternative breeding strategies in the greater ani. The authors found that most females in the population nested cooperatively at the beginning of the breeding season, but a minority of these subsequently acted as reproductive parasites if their first nests were destroyed. Females that bred parasitically tended to repeat the behaviour. The authors demonstrate that over the years, the fitness payoffs of both breeding strategies were approximately equal. Ani that never parasitized and bred strictly cooperatively laid larger clutches of eggs and raised more young from their own nests than those that both nested and parasitized, so their total reproductive output did not differ.

These findings provide insights into the breeding strategies of the greater ani, and demonstrate how populations can use both cooperative and parasitic reproductive tactics.

doi: 10.1038/s41586-019-0981-1|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度