Research press release

【生態学】全球的な干潟の消長をマッピングする

Nature

Ecology: Global changes to tidal flats mapped

干潟(砂や岩石、泥でできた平地で、潮汐氾濫が一定の間隔で発生する)の沿岸生態系の全球的地図とその消長を図示した結果を明らかにした論文が、今週掲載される。この新知見は、十分なデータが得られた地域(マッピングされた領域の17.1%)で1984~2016年の間に干潟の16%が消失したことを明らかにしている。

干潟生態系は、暴風からの保護、海岸線の安定化、食料の生産など、全世界の数百万人の人々の生活を支える重要なサービスを提供しているが、沿岸の開発、海水準上昇、浸食などさまざまな要因によって強烈なプレッシャーにさらされている。干潟は、最も広範に分布した沿岸生態系の1つだが、その全球的分布と現状は分かっておらず、干潟を管理し、保護する活動の妨げになっている。

今回、Nicholas Murrayたちの研究グループは、約70万点の衛星画像を用いて、現在の干潟の全球的広がりと、1984~2016年の33年間の干潟の消長をマッピングした。その結果、地球表面の少なくとも12万7921平方キロメートルが干潟生態系であること(この面積は全世界のマングローブ占有面積に近い)、3大陸(アジア、北米、南米)のわずか8か国に干潟全体の約50%が存在していることが明らかになった。国別では、干潟の面積が最も広いのがインドネシアで、中国、オーストラリアが続く。この33年間に十分な衛星データが得られた地域では、干潟の面積は約16%減少していた。このことは、1984年以降に全世界で2万平方キロメートル超の干潟が消失した可能性を示唆している。

A global map of tidal flats - sand, rock, or mud flats that undergo regular tidal inundation - and changes to these coastal ecosystems is published online in Nature this week. The findings reveal that in regions with sufficient data (17.1% of the mapped area), 16% of tidal flats have been lost in the period from 1984 to 2016.

Tidal flat ecosystems provide important services such as storm protection, shoreline stabilization, and food production, which support the livelihoods of millions of people worldwide. However, they are under intense pressure from various factors, including coastal development, sea-level rise, and erosion. Despite being among the most widespread coastal ecosystems, the global distribution and status of tidal flats remain unknown, hindering efforts to manage and protect them.

Nicholas Murray and colleagues used around 700,000 satellite images to map the global extent and change in tidal flats from 1984 to 2016. The authors found that at least 127,921 km2 of the Earth’s surface are tidal flat ecosystems, an area similar to that occupied globally by mangroves. About 50% of tidal flats occur in just eight countries, located across three continents: Asia, North America, and South America. By country, Indonesia has the greatest extent of tidal flats, followed by China and Australia. In regions where the authors had sufficient satellite data over the 33-year timeframe, they found that tidal flats have declined by about 16%. This suggests a potential global loss of more than 20,000 km2 of tidal flats since 1984.

doi: 10.1038/s41586-018-0805-8|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度