Research press release

【気候変動】森林管理は単純明快な気候変動緩和策ではない

Nature

Climate change: Forest management not a clear-cut mitigation strategy

気候変動の緩和に役立てることを目的としたヨーロッパの森林管理方法はいずれも、気候に関するパリ協定の目標を完全に達成できるものになっていないという研究結果を報告する論文が、今週掲載される。著者たちは、今後の取り組みでは、気候変動の影響を軽減しようとするのではなく、気候変動から森林を守ることに注力するのが望ましいと主張している。

パリ協定では、産業革命前から21世紀末までの全球気温の上昇を摂氏2度未満に抑える上で、森林管理が役立つことが前提になっている。しかし、大気中の二酸化酸素を森林に隔離する方法には、想定外の副作用が生じる可能性がある。森林管理が変更されると、例えば、地表面の反射能が低下して、太陽放射の吸収量が増加し、地表温度が上昇する可能性がある。そうした影響によって炭素吸収量の増加による恩恵がどの程度相殺されてしまうのかを調べるための研究が必要となっている。

今回、Sebastiaan Luyssaertたちの研究グループが、ヨーロッパでの実施を念頭においた気候変動緩和のためのさまざまな森林管理方法(最大規模の炭素隔離、森林の太陽光反射率の上昇、地表付近の気温低下など)の結果をモデル化したところ、気温の上昇や降水量の減少を伴わずに炭素吸収量を最大化できる単一の森林管理方法は存在しないことが判明した。

Luyssaertたちは、最有望視されている地表付近の気温低下を目指す森林管理方法によっても、局所規模でわずかな気候変動緩和の恩恵しか得られないことを明らかにしている。これらの結果に基づいて、著者たちは、今後のヨーロッパでの森林管理の取り組みでは、気候変動の緩和を試みるのではなく、気候変動の影響から森林を守ることに主眼を置くべきだとの考えを示している。

No approach to European forest management intended to help mitigate climate change is fully compliant with the goals of the Paris Climate Agreement, reports a study in this week’s Nature. Efforts would be better focused on protecting forests from climate change, rather than trying to reduce its effects, the authors argue.

The Paris Climate Agreement expects forest management to help limit the global temperature increase to less than two degrees Celsius above pre-industrial levels by the end of the twenty-first century. However, using forests to sequester atmospheric carbon dioxide might have unexpected side effects. Changes in forest management might, for example, darken the Earth’s surface, leading to the absorption of more solar radiation and higher surface temperatures. Research is needed to investigate the extent to which such effects will offset the benefits of increased carbon uptake.

Sebastiaan Luyssaert and colleagues model the outcomes of different Europe-focused forest management approaches intended to mitigate climate change. These include endeavours to maximize carbon sequestration, increase the sunlight that forests reflect back into space and reduce the near-surface temperature. The authors find that there is no single forest management approach that maximizes carbon uptake without also increasing temperatures or decreasing precipitation.

The authors find that even the most promising forest management approach — aiming to reduce the near-surface temperature - only affords modest climate benefits on the local scale. Given these results, they suggest that the primary focus of future European forest management efforts should lie not in trying to mitigate climate change, but in protecting forests from its effects.

doi: 10.1038/s41586-018-0577-1|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度