Research press release

【気候科学】1992年以降に南極から失われた氷は合計で3兆トン

Nature

Climate science: Three trillion tonnes of ice lost from Antarctica since 1992

1992年から2017年までに南極氷床から約3兆トンの氷が失われたとする論文が、今週のAnalysisに掲載される。この数値は、約8ミリメートルの平均海面上昇に相当する。

南極の氷床は、全球の海面水位を58メートル上昇させるだけの水を含んでいて、気候変動の重要な指標であり、海面上昇の駆動要因である。現在の氷床の質量収支(質量の増加と減少の正味のバランス)を解明することは、氷床の質量の将来的な変化可能性を見積もる上で極めて重要だ。1989年以降、南極の氷量減少の計算が150通り以上行われている。

氷床質量収支の相互比較研究(IMBIE:Ice sheet Mass Balance Inter-comparison Exercise)チームは、1992年から2017年までに実施された24例の独立した衛星観測結果に基づく氷床の質量収支見積もりを、氷床表面の質量収支のモデル研究と組み合わせて分析した。今回の研究では、1992年から2017年までに、海洋による融解によって西南極の氷量減少速度が年間530億トンから1590億トンへと、3倍に増加したことが明らかになった。一方、南極半島の氷量減少速度は、氷棚の崩壊のために年間約70億トンから330億トンに増加した。これに対して、東南極の質量収支は、依然大きな不確かさはあるが、ほぼゼロである。IMBIEチームは、氷床の質量収支の評価をさらに改善することは可能であり(例えば、1990年代に得た人工衛星の測定結果の再評価がその役に立つかもしれない)、人工衛星による観測の継続が非常に重要なことも変わらない、という考えを示している。

このAnalysisは今週号のInsightの一編であり、今号のInsightは、南極の過去と現在、そして予想される未来についての多様な側面を探究する特集である。この特集では、南極と南極周辺に関する現在の知識をまとめ、南極に対する人間活動の影響を明らかにしている。

doi: 10.1038/s41586-018-0171-6 | 英語の原文
doi: 10.1038/s41586-018-0182-3 | 英語の原文
doi: 10.1038/s41586-018-0172-5 | 英語の原文
doi: 10.1038/s41586-018-0179-y | 英語の原文

The Antarctic Ice Sheet lost about 3 trillion tonnes of ice between 1992 and 2017, according to an Analysis published in this week’s Nature. This figure corresponds to a mean sea-level rise of about 8 millimetres.

Antarctica’s ice sheets, which contain enough water to raise global sea level by 58 metres, are a key indicator of climate change and driver of sea-level rise. Understanding the current ice-sheet mass balance - the net balance of mass gains and losses - is key to estimating potential future changes in ice-sheet mass. More than 150 calculations of ice-mass loss from Antarctica have been made since 1989.

The Ice sheet Mass Balance Inter-comparison Exercise (IMBIE) team analysed 24 independent satellite-observation-based estimates of ice-sheet mass balance determined within the period 1992-2017, which they combined with modelling of the surface mass balance. They show that during this period, ocean-driven melting led to a tripling of ice-loss rates from West Antarctica, from 53 billion to 159 billion tonnes per year. The rate of ice loss from the Antarctic Peninsula increased from about 7 billion to 33 billion tonnes per year as a result of ice-shelf collapse. However, East Antarctica’s mass balance remains highly uncertain and is indistinguishable from zero. The authors note that further improvements to the assessment of ice-sheet mass balance are still possible - reassessing satellite measurements obtained in the 1990s could help, for example, and continued satellite observations remain essential.

The study is part of a special collection of articles in an Insight in this week’s Nature, which explores diverse aspects of Antarctica’s past, present and possible futures. The package brings together our current understanding of natural science in and around Antarctica, and uncovers our impacts on it.

doi: 10.1038/s41586-018-0171-6 | Original article
doi: 10.1038/s41586-018-0182-3 | Original article
doi: 10.1038/s41586-018-0172-5 | Original article
doi: 10.1038/s41586-018-0179-y | Original article

doi: 10.1038/s41586-018-0173-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度