Nature ハイライト

Cover Story:輝かしい報告:熱撮像によって明らかになった始原的な小惑星の多孔質性

Nature 579, 7800

表紙は、炭素質(C型)小惑星162173 Ryugu(リュウグウ)の熱画像である。C型小惑星は約46億年前に形成された天体で、それらを構成する始原的な物質から太陽系の起源を明らかにできる可能性がある。しかし、C型小惑星は最も一般的なタイプの小惑星であるにもかかわらず、その物理的特性についてはほとんど分かっていない。今回、岡田達明(宇宙航空研究開発機構ほか)たちは、探査機はやぶさ2に搭載された熱探知カメラ(中間赤外カメラ;TIR)が、リュウグウとの接近遭遇時に捉えた熱撮像データの解析結果について報告している。今回の結果は、リュウグウが、おそらく極めて多孔質の小さな岩石がゆるくまとまった集合体であることを明らかにしている。著者たちは、宇宙の大部分に広がっているふわふわした塵と惑星などの稠密な岩石質天体の間のミッシングリンクである可能性を示唆している。

目次へ戻る

プライバシーマーク制度