Nature Metabolism

2019年1月創刊!

2019年に創刊されたNature Metabolism は、オンライン限定ジャーナルで、代謝についての基礎科学研究から生物医学研究やトランスレーショナル研究まで、代謝研究の全領域を対象としています。

Nature Metabolism は、代謝研究に関するあらゆる領域の質の高い研究に注目しており、基礎研究の科学者と産業界の研究者を結びつけます。本誌の幅広い対象範囲により、すべての代謝研究者に刊行された優れた研究内容を確実にお届けします。

図書館への法人向けサイトライセンス購読のご推薦

Nature Metabolism注目のハイライト

その他のハイライト

最新Research

1型糖尿病の管理のための人工知能による意思決定支援システム

An artificial intelligence decision support system for the management of type 1 diabetes

掲載

インスリン頻回注射(MDI)療法を行っている1型糖尿病の人に推奨される毎週のインスリン投与量を提供する意思決定支援システムが報告された。このシステムは、これまでに収集した患者データの解析では、医師による推奨量と高い一致率が見られる。

小腸はフルクトース誘発脂肪症から肝臓を保護している

The small intestine shields the liver from fructose-induced steatosis

掲載

フルクトースを異化する腸上皮の能力を調整することによって、マウスの肝臓でフルクトースによって誘導される脂質生合成が変化することが示され、小腸でのフルクトース除去が脂肪症を防いでいることが示唆された。

その他の「最新Research」

おすすめのコンテンツ

ミトコンドリアのリポイル化が褐色脂肪熱産生の加齢に伴う低減を統合する

Mitochondrial lipoylation integrates age-associated decline in brown fat thermogenesis

Nature Metabolism

掲載

Nature Metabolism 1, 9 | doi: 10.1038/s42255-019-0106-z (2012)

可溶型RANKLは生理的に必須ではないが腫瘍の骨転移を加速させる

Soluble RANKL is physiologically dispensable but accelerates tumour metastasis to bone

Nature Metabolism

掲載

Nature Metabolism 1, 9 | doi: 10.1038/s42255-019-0104-1 (2012)

その他の「おすすめのコンテンツ」

著者インタビュー

記憶T細胞形成のカギを握るのは、脂質代謝

中山 俊憲氏、遠藤 裕介氏

麻疹やおたふく風邪などは、一度かかると、再び発症することはほとんどない。これは、免疫細胞が病原体のタンパク質を記憶していて、再感染の際に速やかに応答しているからだ。このような免疫記憶の中心となる記憶T細胞の産生に脂肪酸代謝が関わっていることを、千葉大学大学院医学研究院教授で研究院長の中山俊憲さんとかずさDNA研究所オミックス医科学研究室室長の遠藤裕介さんらの研究グループが発見し、新創刊のNature Metabolism 2月号に発表した。

プライバシーマーク制度