Communications Physics

2018年創刊!投稿募集中

Communications Physics は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、物理科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、物理学の特定の研究分野に新たな知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての物理学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

最新Research
固体量子計算

食虫植物の口縁部における液滴の方向性輸送の破綻

Breakdown in the directional transport of droplets on the peristome of pitcher plants

掲載

多くの自然表面が水を輸送する仕組みは、数世紀にわたって興味深い研究対象になっている。本論文では、食虫植物の口縁部における液滴の輸送の実験研究と理論研究を提示し、表面と水の両方のマルチスケール構造に依存することを示している。

流体力学的に結合した運動性繊毛のモデルにおける同期の制御

Control of synchronization in models of hydrodynamically coupled motile cilia

掲載

運動性繊毛は、真核細胞に見られる細胞小器官であり、泳いだり表面流を生成したりする働きをする。本論文では、活発な生物学的フィラメントの同期状態とビート運動の間の系統的な関連性を示す理論研究と実験研究を提示している。

投稿案内

論文著者の皆様へ、Communications Physics に関する投稿方法をご案内いたします。

メールマガジン登録

Communications Physics に関する最新情報をお届けします。

プライバシーマーク制度