Communications Physics

Communications Physics は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、物理科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、物理学の特定の研究分野に新たな知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての物理学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッターでジャーナルの最新情報をキャッチ!

著者インタビュー

最新Research

高分解能干渉法を用いてプラズマ航跡場加速器の低強度ビームのサイズを測定する

Monitoring the size of low-intensity beams at plasma-wakefield accelerators using high-resolution interferometry

掲載

レーザー駆動加速器が、幅広い応用を実現できるようになるには、厳密な特性評価によってその性能が保証されなければならない。今回、ビームのサイズの高分解能測定を可能にする干渉計測法が実証された。

その他の「最新Research」

Communications Physics注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Physics に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度