Communications Medicine について

本誌は、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究分野の質の高い論文を編集者が厳選して掲載する、査読付きオープンアクセスジャーナルです。

Communications Medicine は、ネイチャー・リサーチが出版する選択性の高いオープンアクセス(OA)ジャーナルとして、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究分野の全域にわたる質の高い研究論文、レビュー論文、コメンタリーを掲載します。

本誌の目的は、種々の研究コミュニティー間の共同研究を促すことにより、人々の健康を増進し、患者の生活の質を向上させる発見を促進することにあります。一次研究論文は、特定の専門分野に関連したヒト疾患の予防、診断、治療における重要な進展について報告するものを出版します。本誌は、医学と公衆衛生学の確立した分野だけでなく、新興分野の論文の出版にも関心を持っています。

私たちは、分野や医学専門領域に関係なく、本誌の全読者コミュニティーの研究者にとって重要な問題を議論する場(フォーラム)を提供します。

Communications Medicine は、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究のために新しいオープンアクセス出版の選択肢を提供しつつ、Nature Communications を含むNatureブランドのジャーナルよりもインパクトと重要性の基準を緩めることで、他のネイチャー・リサーチ出版誌を補完します。

Communications Medicine の対象範囲は以下の通りです:

  • 腫瘍学、心臓病学、神経学などすべての臨床専門領域
  • 新興分野(精密医療、マイクロバイオーム、抗老化治療など)
  • あらゆる領域のトランスレーショナル研究
  • 地域または国際公衆衛生学

デジタル医学、医療機器、イメージングなど、医学が他の科学分野(計算科学や物理学など)と交わる領域の、医学界がその重要な進展に関心を寄せている研究に関する投稿も歓迎します。

Communications Medicineに掲載される一次研究論文は、以下のようなタイプの研究です:

  • 観察的および介入的臨床研究(臨床試験の全相および症例研究/症例集積研究)
  • 観察的および介入的疫学研究(前向きおよび後ろ向き)
  • システマティックレビューとメタアナリシス
  • トランスレーショナル的または臨床的に意義のある新しい手法、技術またはリソース
  • 疾患の診断/治療に重要な意味を持つ前臨床モデルの研究

投稿および審査プロセスは社内のプロフェッショナルな編集者によって管理され、編集者は、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究の全域にわたる専門知識を提供する編集委員会のメンバーのサポートを受けます。私たちは、重要な研究成果の迅速な普及に努めます。論文は連続的に出版され、受理から出版までの期間は最小限に抑えられます。

本誌は、一次研究論文(完全な論文と短報の両方)を出版するだけでなく、出版後に寄せられたコメントや解説をMatters Arisingとして掲載します。また、医学研究や公衆衛生学研究の最新の進展に関する議論の場と、専門家による背景の解説を提供するために、依頼によるReview、Perspective、Commentも掲載します。コンテンツの種類については、こちらをご覧ください。

Communications Medicine を含むすべてのネイチャー・リサーチ出版誌には、技術的妥当性と倫理規範の遵守について同じ基準が適用されます。編集規定について詳しい情報は、こちらをご覧ください。

Communications Medicineに掲載されるためには、論文はいくつかの一般的な基準を満たしている必要があります:

本誌の社内エディターは、研究経験のあるPhDレベルの科学者です。社内エディターは全員、本誌専任で、査読プロセスの監督、担当エディターとして原稿を処理し、編集委員会メンバーと連絡を取り、ジャーナルポリシーを遂行します。エディターはジャーナルのために、学会への出席や主催、および科学者の所属機関での会議なども行います。

社内エディターは編集委員会のメンバーと緊密に連携し、すべての原稿が同じ編集基準とジャーナルポリシーに従うようにします。

編集長、エディターのプロフィール

The Campus, 4 Crinan Street, London N1 9XW, United Kingdom
電話: +44 20 7833 4000
Email: commsmed@nature.com

専門編集委員会メンバーは、それぞれの分野で専門家として認められた現役の研究者です。各メンバーは、自らの専門領域の原稿を扱い、投稿から受理までの査読プロセスのあらゆる場面を管理します。

専門編集委員会メンバーは、社内エディター陣と緊密に連携し、すべての原稿が同じ編集基準とジャーナルポリシーに従うようにします。編集委員会のメンバーは、その分野の専門家として認められている現役の研究者です。メンバーは幅広い専門分野内の原稿を取り扱い、投稿から受理までの査読プロセスの全段階を監督します。

Communications Medicine では、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究のすべての分野から編集委員会のメンバーを募集しています。編集委員会を研究コミュニティー全体に開かれたものにするため、特にアーリーキャリア研究者(PhDまたは医学博士号を取得してから10年未満で、終身ポストに就いていない方)を募集しています。私たちは、編集委員会のメンバーの構成が、性別、民族、地理などの点で公平になるようにしたいと考えており、多様な方々の応募をお待ちしています。

Communications Medicine はオープンアクセス・ジャーナルです。

Communications Medicine は、すべてのコンテンツを世界中のすべての研究者が無料で利用できるようにし、nature.comのプラットフォームを通じてコンテンツを最大限に普及させます。コンテンツをオンラインで連続的に公開することにより、コミュニティーに遅滞なく情報を伝達し、出版までの時間を最小限に抑えます。本誌に掲載されるすべての論文はオープンアクセス論文であり、各論文にはタイトルの横に「Open (オープン)」アイコンが明示されます。

クリエイティブコモンズについて、オープンアクセス出版のメリット資金提供者の義務の順守 、APC(論文掲載料)については、こちらをご覧ください。

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度