Communications Medicine

2021年創刊! 投稿論文募集中

Communications Medicine は、ネイチャー・リサーチが出版する選択性の高いオープンアクセス(OA)ジャーナルとして、臨床研究、トランスレーショナル研究、公衆衛生学研究分野の全域にわたる質の高い研究論文、レビュー論文、コメンタリーを掲載します。一次研究論文は、特定の専門分野に関連したヒト疾患の予防、診断、治療における重要な進展について報告するものを出版します。本誌は、医学と公衆衛生学の確立した分野だけでなく、新興分野の論文の出版にも関心を持っています。

最新Research

COVID-19ワクチン接種を受け入れる意思に関する世界的な探索的研究

Exploratory study of the global intent to accept COVID-19 vaccinations

掲載

de Figueiredoたちは、32か国を対象とした調査に基づき、COVID-19ワクチン接種の容認とその決定要因を推定するための世界的な探索的研究を行った。ワクチン容認の増加に関連する要因は、一部の例外はあるが、男性、65歳以上、高学歴、政府がパンデミックにうまく対処しているという信頼であることが分かった。

SARS-CoV-2感染に対する抗体応答は症状を示した患者では少なくとも8か月間持続する

The antibody response to SARS-CoV-2 infection persists over at least 8 months in symptomatic patients

掲載

LeviとUbaldiたちは、イタリア北部の医療従事者4735人からなるコホートにおいて重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の血清有病率を評価した。血清陽性者では、8~10か月間にわたって抗体が維持されること、この期間における抗体レベルの変化は症状の有無や特定の参加者サブグループと関連していることが分かった。

その他の「最新Research」

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Medicine に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度