Communications Biology

Communications Biology は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、生物科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野に新たな生物学的知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての生物学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッターでジャーナルの最新情報をキャッチ!

著者インタビュー

最新Research

哺乳類の体サイズは、気候、都市化、生態学的形質の間の相互作用によって決定される

Mammalian body size is determined by interactions between climate, urbanization, and ecological traits

掲載

人為的に引き起こされる気候変動は、哺乳類の体サイズが小型化する原因である。Hantakたちは、歴史的に収集されたデータからなる重要なデータセットと、全米生態観測施設ネットワーク(National Ecological Observatory Network)の大陸規模の調査の取り組みから得られたデータを用いて、都市化がこの体サイズ動態を仲介する重要な役割を担っていることを示している。

ミトコンドリアのLonプロテアーゼはミトコンドリアマトリックス内に新しく運び込まれたタンパク質のゲートキーパーである

Mitochondrial Lon protease is a gatekeeper for proteins newly imported into the matrix

掲載

九州大学大学院医学研究院の松島雄一たちは、ヒトのATP依存性のLonプロテアーゼ(LONP1)が、タンパク質の折りたたみをほどく活性を持つミトコンドリアのプロテアーゼであり、ミトコンドリアマトリックスに入ってきたタンパク質のゲートキーパーとして機能することを明らかにした。LONP1は必要なタンパク質の折りたたみを支え、異常なタンパク質を分解する。

その他の「最新Research」

Communications Biology注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Biology に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度