Communications Biology

Communications Biology は、Nature Researchが提供するオープンアクセス・ジャーナルで、生物科学の全分野における高品質な論文・総説・論評を出版します。本ジャーナルで出版される論文は、特定の研究分野に新たな生物学的知見をもたらす重要な進展情報です。また、専門分野にかかわらず、全ての生物学者にとって重要な課題を審議するフォーラムを提供することを目指します。

創刊についてのプレスリリース

ツイッターでジャーナルの最新情報をキャッチ!

著者インタビュー

最新Research

ジェホール(熱河)で見つかった恐竜カウディプテリクス(Caudipteryx)の軟骨における核の保存

Nuclear preservation in the cartilage of the Jehol dinosaur Caudipteryx

掲載

Zhengたちは、獣脚類の恐竜カウディプテリクス(Caudipteryx)の標本の大腿軟骨に保存された核が存在したことを報告している。脊椎動物の化石において糸状クロマチンの存在が特定されたのは2回目でしかない。

同種造血細胞移植後のヒト細胞傷害性T細胞におけるレパートリーの多様性と遺伝子発現の特徴

Features of repertoire diversity and gene expression in human cytotoxic T cells following allogeneic hematopoietic cell transplantation

掲載

同種幹細胞移植(allo-HCT)あるいは臓器移植の後のサイトメガロウイルスの再活性化は重要な問題である。今回、仲宗根秀樹たちは、allo-HCT後の免疫再構築についての我々の理解を深めるために、臨床的に移入されたT細胞のレパートリーの多様性と遺伝子発現における変化を調べた。

その他の「最新Research」

Communications Biology注目のハイライト

その他のハイライト

投稿の手引き

論文著者の皆様へ、Communications Biology に関する投稿方法をご案内いたします。

投稿案内

投稿サイト

プライバシーマーク制度