Research press release

【遺伝】日本人の遺伝的起源

Scientific Reports

Genetics: The genetic origins of the Japanese

世界94か国のヒト集団のデータについて全ゲノム解析が行われているが、日本でのヒトの定住に関する手がかりが得られたようだ。この新知見を報告する論文がScientific Reportsに掲載される。

10000年以上も続いた日本列島の孤立状態において、唯一の住人が縄文人だった。この孤立状態は、今から約2000年前に大陸から弥生人が移住してきたことで終わった。弥生人は、稲作農業の技術と金属製の道具を持っていた。ところで、現代の日本人集団に対する縄文人の遺伝的寄与については、日本人集団が、様々なレベルでの混血(遺伝子の混合)を経ており、縄文人のみを祖先とする者が存在しないため、解明が進んでいなかった。

今回、Y Heたちは、全世界の94のヒト集団に由来するゲノム全域のデータに含まれる一塩基多型(DNAの「一文字」だけが異なる変異)の定量的解析を行い、縄文人の起源に関する仮説を立て、現代日本の遺伝的プールに対する縄文人と弥生人の相対的寄与を推定した。推定アレル頻度の解析では、縄文人の起源が北東アジアであることが示唆された。また、Heたちは、縄文人の遺伝的寄与が日本の本土で約33%、琉球諸島で約60%であることも明らかにした。今後は、特に東アジア由来のデータを充実させ、さらなる解析を行うことが、こうした推測の精度を高めるうえで役立つとHeたちは指摘している。

これまでの人類学研究では、弥生人が、大規模な集団を支えるために十分な食料を得る能力の点で縄文人より優れていたため、弥生人の集団が急速に拡大し、その後、西日本から他の地域へ分散したことが示唆されていたが、今回の研究結果は、こうした仮説を裏づけている。

The genome-wide analysis of data from populations from 94 countries could provide insights into the peopling of Japan. The findings are published in the journal Scientific Reports.

The Jomon people were the sole inhabitants of the Japanese islands for more than 10,000 years until the isolation ended around 2,000 years ago with the arrival of the Yayoi people, immigrants from the continent, carrying rice farming technology and metal tools. But the genetic contribution of the Jomon to the contemporary Japanese population has been hard to determine because all modern Japanese populations are subject to admixture, or gene mixing, at various levels, and no one of exclusively Jomon ancestry now exists.

Yungang He and colleagues report the quantitative analysis of single-letter variants in the genetic code (single nucleotide polymorphisms) in genome-wide data from 94 worldwide populations, in order to infer the origin of the Jomon and to estimate the relative contributions of the Jomon and the Yayoi to the genetic pool in contemporary Japan. Analysis of inferred allele frequencies hints at a Northeast Asian origin for the Jomon. The authors also show that the genetic contribution of the Jomon is about 33% in mainland Japan and around 60% in the Ryukyu Islands. Additional data, particularly from East Asia, and further analysis will help to refine these estimates, the authors note.

The results supports previous anthropological research suggesting that the Yayoi may have been better equipped than the Jomon to acquire sufficient food to feed a larger population, allowing the rapid expansion of the Yayoi and their subsequent dispersal from western Japan to other regions.

doi: 10.1038/srep00355

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度