Research press release

【ネットワーク理論】都市の発展をもたらした道路網の分析

Scientific Reports

Networks: Mapping the roads to urban growth

都市化における道路網の進化は、「探索」と「稠密化」という2つの重要な過程によって特徴づけられていることが判明した。今回、Scientific Reportsに掲載される論文で、ネットワーク理論の定量ツールを用いて、イタリア北部のグロアネ地域での道路網の発達を調べた研究について報告されている。 世界の総人口に占める都市部居住者の割合は、最近になって50%を超えたが、都市化の諸過程の定量的評価は行われていなかった。今回、M Barthelemyたちは、ミラノの北にある地域での道路網の進化に関する約200年間のデータについて行われた実証的分析の結果を報告している。この地域は、大型都市計画の対象になったことがないが、道路が境界線となっている土地区画は、時間が経つにつれて、面積が均等化し、正方形に近くなっていた。また、Barthelemyたちは、当初は行き止まり路や三叉路が多く見られたが、その後、四叉路の数が増える傾向も確認した。2007年の時点では、道路網上の大部分の目抜き通りは、その地域で最も古い通りである傾向が見られ、目抜き通りが、長期間にわたって安定性を保つロバストなバックボーンとしての役割を果たしていることが明確に示されている。 Barthelemyたちは、こうした分析結果の原因として2つの重要な動態(「探索」と「稠密化」)を挙げている。探索は、新しい道路を引き金として都市部の境界線を超えた空間的進化が起こることをいい、稠密化とは、既存の都心の周辺における道路密度の上昇を意味する。分析対象となった200年間を見た場合、その初期においては、探索の方が一般的で、後年は、稠密化が優勢となった。この2つの過程は、過去200年間における技術的変化と経済的変化とは無関係に働いたと考えられている。今回の分析結果は、都市計画に役立つ可能性があるが、都市化の諸過程の一般性を確認するためには、他の地域や経済状態の事例をさらに調べる必要がある。

The evolution of road networks during urbanization is characterized by two key processes: ‘exploration’ and ‘densification’. The study, published in the journal Scientific Reports, uses the quantitative tools of network theory to examine the development of road networks in the Groane region in northern Italy. The proportion of the world’s population living in urban areas has recently grown beyond 50% but a quantitative assessment of urbanization processes has been lacking. Marc Barthelemy and colleagues report the empirical analysis of almost 200 years of data on the evolution of the road network in an area north of Milan. Over time, cells of land demarcated by roads have become more evenly sized and square shaped, even though the area has never been subjected to overall large-scale planning efforts. The authors observe a trend towards a greater number of four-way road junctions, whereas dead ends and three-way junctions were more common earlier on. The most central streets in the network in 2007 tend to be the oldest ones, highlighting the role of central roads as a robust spatial backbone that remains stable over time. The authors attribute these findings to two key dynamics, exploration - whereby new roads trigger spatial evolution beyond the outskirts of the town - and densification, or the increase in local road density around existing urban centres. Exploration is more common during earlier historical periods, whereas densification predominates in later years. The two processes appear to operate independently of technological and economic changes over the past 200 years. The results could be useful for urban planning but further investigation of cases in different regions and economic positions is needed to confirm the generality of urbanization processes.

doi: 10.1038/srep00296

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度