Research press release

考古学:X線画像で明らかになった古代の動物のミイラに関する新事実

Scientific Reports

Archaeology: X-ray imaging provides unique snapshot of ancient animal mummification

高度な3次元X線画像撮影法を使って、古代エジプトの3種類の動物(ネコ、鳥、ヘビ)のミイラを分析した結果を記述した論文が、Scientific Reports に掲載される。この手法を用いれば、標本を損傷することなく、これらの動物のミイラの保存状態、複雑なミイラ製作過程、考え得る死因を明らかにするための手掛かりが得られる。

今回、Richard Johnstonたちの研究チームは、非侵襲的なX線マイクロコンピューター断層撮影(CT)法を用いて、ネコのミイラの頭蓋骨が、外側を覆う包みのほぼ半分のサイズであることを明らかにした。その形態から、このミイラは、エジプトのイエネコの一種である可能性の高いことが示唆された。また、歯と骨格の画像の解析からは、このネコが生後5か月未満であり、死亡時あるいはミイラ製作過程で頭部を直立位置に保つために、首の骨を意図的に折られた可能性のあることが示された。

猛禽類のミイラについては、3次元スキャンを用いた測定結果から、チョウゲンボウ(Falco tinnunculus)に非常によく似ており、頸部の損傷が死因とは考えにくいことが示唆された。固くとぐろを巻いたヘビのミイラについては、画像解析から、コブラの幼体であり、脊椎骨折が死因だった可能性があることが示唆された。これは、尾をつかんでむちのよう打ちつける方法が、当時ヘビを殺すために一般的に用いられていたことと符合する。今回、Johnstonたちが高分解能の画像化技術を用いたことで、このヘビのミイラの口内で見つかった構造体が硬化樹脂であることと、その声門開口部における正確な位置が判明した。このことは、「口開けの儀式」に似た複雑な儀式的行動があったことの証拠となる可能性がある。

研究用の画像化技術によって動物のミイラの製作に関する理解が深まれば、今後の保存作業にとって貴重な情報が得られ、過去の人間と動物の関係をさらに解明できるかもしれない。

Analysis of three mummified animals ― a cat, a bird and a snake ― from Ancient Egypt using advanced 3D X-ray imaging is described in a paper published in Scientific Reports. The technique provides insights into the conditions in which the animals were kept, their complex mummification process and their possible causes of death, without causing damage to the specimens.

Richard Johnston and colleagues used non-invasive X-ray microCT imaging to reveal the skull of the cat to be around half the size of the external mummified wrappings. Its morphology suggests that the remains likely belong to an Egyptian domestic cat. Analysis of images of the teeth and skeleton indicate that the cat was less than five months old and may have purposefully had its neck broken at the time of death or during the mummification process to keep the head in an upright position.

Measurements taken using 3D scans of the mummified bird of prey suggest that the remains most closely resemble the Eurasian kestrel and that the animal did not appear to have died from injuries to the neck. Imaging of the tightly coiled snake suggests that the remains belong to a juvenile cobra, which may have been killed by spinal fracture, consistent with tail capture and whipping methods commonly used to kill snakes. The high-resolution imaging enabled the authors to identify structures found within the mouth of the mummified snake as hardened resin. The precise placement at the opening of the glottis possibly provides evidence for complex ritualistic behaviour, similar to the Opening of the Mouth procedure.

An improved understanding of animal mummification through scientific imaging may inform future conservation work and shed light on past human-animal relationships.

doi: 10.1038/s41598-020-69726-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度