Research press release

リボソームを襲うSARS

Nature Structural & Molecular Biology

SARS attacking the ribosome

宿主細胞のタンパク質合成に対してSARSが加える2種類の攻撃をテーマにした研究結果が、Nature Structural & Molecular Biology(電子版)に発表される。このような、SARSの宿主細胞を標的とする仕組みの解明は、いつかはSARSに対する治療法の確立につながるであろう。

mRNAの情報を解読しタンパク質を作る過程を翻訳といい、リボソームで行われる。多くのウイルスは、宿主細胞の正常な翻訳装置を妨害し、時にはその装置に働きかけてウイルスのタンパク質を生産させる。SARSコロナウイルスタンパク質nsp1は、宿主細胞のタンパク質生産を抑制するのに、このような機構を活用できることが知られている。

S Makinoらは、このnsp1が、宿主細胞の翻訳に供する情報とリボソームそれ自体の両方を改変していることを今回発表した。これは、SARSが宿主細胞の翻訳過程に対して2種類の攻撃を行っていることを示している。

A double attack by the SARS virus on host cell protein synthesis is shown in a study published online this week in Nature Structural & Molecular Biology. An understanding of such host targeting mechanisms may ultimately lead to therapeutic approaches to treat SARS.

Translation is the decoding of messenger RNAs to yield a protein, carried out by the ribosome. Many viruses interfere with the host cell's normal translation system, often requisitioning the host's own machinery for viral protein production. The SARS coronavirus protein nsp1 is known to be able to utilize such mechanisms to suppress production of host cell proteins.

Shinji Makino and colleagues now show that nsp1 modifies both host messages intended for translation and also the ribosome itself. This indicates that SARS uses a two-pronged approach to attack host translation.

doi: 10.1038/nsmb.1680

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度