Research press release

無効な抗HIV応答

Nature Structural & Molecular Biology

Futile anti-HIV responses

HIV-1に対し作られるヒト抗体の多くは、効果がない。Nature Structural & Molecular Biology(電子版)に発表される2つの研究がこの理由を明らかにしている。これらの結果は、今後のワクチン設計に影響を及ぼす可能性がある。

我々の免疫系は抗体を作って、多くの病気から体を守る。しかしHIV-1はこの防御に動じないようにみえる。ウイルスタンパク質 gp41はウイルスの融合と細胞への侵入に重大な役割をもつ。HIV-1患者では抗gp41抗体が作られるが、細胞の感染を効果的に阻止できる抗体は非常にまれである。N NicelyとB Haynes、そしてB Chenは別々の論文で、最も一般的なのに効果のない抗体は、ウイルスが細胞にとっくに侵入してからとる形状のgp41を認識しており、これがHIV-1 から細胞を防御できない理由であることを示している。

Why many of the human antibodies produced against HIV-1 are ineffective is revealed in two independent studies published online this week in Nature Structural & Molecular Biology. These findings may have implications for future vaccine design.

Our immune system produces antibodies that can protect us against many diseases; however HIV-1 seems impervious to such defenses. The viral protein gp41 plays a crucial role for viral fusion with and entry into cells. Though antibodies against gp41 are formed in HIV-1 patients, those that can effectively block cell infection are exceedingly rare. Nathan Nicely and Barton Haynes in one study and Bing Chen in another study show that the most common, yet ineffective antibodies recognize gp41 in a form that it adopts after the virus has already entered the cell, explaining why they cannot protect cells against HIV-1.

doi: 10.1038/nsmb.1944

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度